« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月15日 (月)

週末の家族イベント

2月13日〜14日、家族旅行に出かけた。

14日(土)はツインリンクモテギ にて、親子バイクスクールに参加した。

Photo

これはホンダが開催しているバイクスクールで、二輪車免許所有の親と子が共に参加でき、丸一日共にバイクの実技講習を受けるというもの。(全員オフロード型のマニュアル車を貸してもらえる。)

我々は今回3rdコースにチャレンジした。

Photo_3

Photo_5

Photo_6

今まで体験した 1st  ・ 2nd  コースと違い、3rdコースはベーシックな実技を飛び越し、急勾配の登り降りや、その急勾配での坂道発進、V字路走破、オフセット一本橋走行など、かなり本格的でヘビーなメニューだ。

しかも当日はかなり寒く朝からの降雪は止む気配も無く、やる気満々なのはインストラクターの方達と私だけ。

Photo_4

Photo_7

完熟走行、八の字走行、パイロンスラロームといったウォームアップの後、上記メニューを早々にトライさせられた。

今回の参加者は我々家族の2組と、もう1家族の計3組。

3組に対し、インストラクターは2名という贅沢な布陣であった。

途中次女が坂道発進を失敗した。

バイクに振り落とされるも、パニクってアクセルを離さないものだから、バイクがまるで暴れ馬の様に暴走してしまった。

事態はすぐに収束したものの次女は意外とあっけらかんとしており、結構根性あるなと感じた。

が、実はその時極度のパニック状態が彼女を襲っていたことが後に判明した。

それは昼食時の時だった。

突然次女がもう辞めたいと涙ながらに訴えてきた。

一気に家族が険悪な雰囲気に…。

結局は、マニュアル車からAT車のオフロード車に変更してもらう事で何とか説得に成功した。

午後のメニューは、ついに小高い山や、ウェットな砂利道などの低ミュー路面での講習。

もう泥だらけになりながら、雪山を登ったり降りたり結構本気で疲れた。

3rdの講習会は、実践のオフロード車による険しい山地へのトレッキングを目標とした内容なため、それゆえ過酷であり、楽しむというよりひたすらテクニックを磨く内容だった。

ウチは子供をオフロードレーサーにするつもりは無いので、この3rd&トレッキングコースはちょっともういいかなってかんじでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

夜勤明け

夜勤明けの今日ではあるが、帰れるのは昼過ぎなのだ。

ちょっと疲れた。。。

四十の足音が聞こえて来た年齢では、夜勤明けは結構シンドイ。

そうだっ! 大きな風呂でも入って帰ろう!

夜勤明けに、たまに江戸川区の東京健康ランドには寄るのだが、今日はちょと足を伸ばして大谷田の「明神の湯」に初めて行ってみた。

Image011

職場の福利厚生券が使用できるので、300円で入浴できるのが嬉しい!

タオルや甚平などは付かないので、健康ランドというよりはどちらかというとスーパー銭湯かな。

浴槽などは大変小綺麗で気に入った!


さっぱりした後小腹が減ったので、ここで遅い昼食♪

同じく大谷田のマクドナルドで、現在限定発売中の「ニューヨークバーガーセット 740円」をオーダー。

 高っ~!

Image012

マックに食い慣れた人なら物珍しさで食べる価値はあるのだろうけど、私みたいなマックビギナーには感動値は低く、コストパフォーマンスはあまり良くない。

マックのコーヒーは評判通りに確かに旨かった!

コーヒーのお代わりなどしつつ今超ドはまり中の、池波正太郎・鬼平犯科帳をしばし読みふける。

しかし家内から子度達のスキーのストック購入依頼のメールが・・・


何か今日はマッタリとした生産性のない午後ではあったが、しかしこのような時間が好きになってきた今日この頃heart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

バイクがパワーダウン?

今日は朝の通勤時と一転し、帰りは暖かな生温い気温だった。

するとバイクの調子がすこぶる悪くなる。


①まずアクセルを開けた瞬間に一瞬の溜が起こる。

いわゆるレスポンスが悪くなってしまう。

この一瞬の溜がスタート時や加速時のタイミングを狂わす。


②そしてエンジンの吹け上がりが重くなる。

まるで重い荷物を積んでいるような加速の鈍さが特徴。


これらは気温上昇に伴う空気密度の低下によるものだといわれている。

気温上昇→1立方辺りのO2量が減る→遅っ~!

ってこと。


TOYOTAプリウスのブレーキのリコールが話題になっているが、はたしてあのコンマ何秒の一瞬の空走を体感し、不快に感じられる人はいるのだろうか?

まして、あんな低燃費をうたったスポーティー感とは縁遠い車で体感できた人は、よっぽど非エコな走りをしないと体感できないような気がするけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »