« 二輪車実技講習会 | トップページ | なんて名の花でしょう? »

2010年6月22日 (火)

VFR400Z フロントフォーク オーバーホール

フロントフォークのシールからオイルが漏れているVFR400Zのフロントフォークのオーバーホールをおこなった。

Oh

ヘッドライトには購入時の文字 『書無し』 が書かれたままです。W

Photo

インパクトレンチで最下部のドレンボルトを外したら、一気にオイルが床に漏れました・・・

Photo_2

アウターチューブとインナーチューブを分解。

Photo_3

フォーク内のオイルは驚くほど綺麗でしたが、オイルシール部のゴムとサークリップは錆びて固着しまくり。

Photo_4

リアのレーシングスタンドとシザースジャッキを使用し、奇抜な状態でバランスが取れています。

Photo_5

インナーチューブのエッジで、ゴムシール部を痛めないようにラップでシールドするそうです。

Photo_6

ここはSSTを使用し、スライディングハンマーの要領でフォークシールを打ち込んでいきます。

しかしここで問題が!

カタログではインナーシール・サークリップ・アウターシールの3点がセットでのOHキットの筈が、サークリップが全て欠品している。

元のクリップなんて固着が酷くて、さっき引きちぎってしまいましたよ・・・。

当然再利用なんかできない。


ハイッ! 終了~~ 

|

« 二輪車実技講習会 | トップページ | なんて名の花でしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VFR400Z フロントフォーク オーバーホール:

« 二輪車実技講習会 | トップページ | なんて名の花でしょう? »