« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月23日 (金)

長野県青木湖にキャンプしてきました。

長野県にある青木湖に07/18~07/19でキャンプしに行ってきました。

青木湖は北アルプスに接した湖で、水の透明度は日本でもベスト5に入る程。

流入する川が無く、水深が58mもあるのは湖底にかなりの量の湧水があると考えられているからです。

今回はホタル鑑賞も兼ねて、突如このキャンプを企画しました。

出発日の日曜日は夜勤明けでしたが、シャワーを浴びて速攻で長野にGO! AM10:00。

長野と言っても白馬方面なので、高速道路は 関越→上信越 のルート。

渋滞もこの時間だとほぼ落ち着いており、15時半には青木湖荘キャンプ場に到着!

Photo

早速、湖畔サイトへテントの設営を開始。コールマンテント・タープ類の最大の難点は、付属品がアルミピンペグとプラスチックハンマーであること。今回のサイトは土中に石があり、付属品でのペグダウンは絶対に無理です。私はスノーピーク製のソリッドステークというペグと、専用の銅ハンマーを別に購入しました。このペグは多少の石ころなんか砕きながら刺さっていきます!

Photo_2

湖のほとりです。風もなく湿度も高くなく大変過ごし易いです。夕日のシルエットが凄くきれいでしょ?

Photo_3

夕飯の支度です。この日は奮発して黒毛和牛ステーキ肉4枚を地元から持参しました。肉が大きすぎてフライパンに一枚しか乗りません。宿泊費が安く出来る分、食事は贅沢にいきたいものです。新品のツーバーナーが油の飛び跳ねでベトベトです。ブレーキクリーナーを持って行けばよかった。

Photo_4

私が一生懸命ステーキを焼いている後ろで、空腹に耐えかねた子供達が枝豆をつまみ食いしていました。

キャンプ場内はシャワーもトイレも大変清潔で、またリピートしたいキャンプ場が増えました。

お風呂は近くの温泉で済ませました

夜はお待ちかねのホタル鑑賞。隣の青木湖キャンプ場(青木湖荘キャンプ場では無い)が運営するホタル&星空鑑賞カヌーツアーに参加しました。

ここのキャンプ場は、インターネットでの評判がかなり悪い所なんです。

値段は一人3000円と非常に高額でした。

案の定、出航直前までドタバタしており、濡れて不潔なレンタルライフジャケットを使わされたりしました。

案内人のかけ声で客10名がカヌーを漕がされます。筋肉痛になりました。

湖岸に観たホタル群は凄く綺麗でした。

漆黒の湖上を音もなく進むカヌーは、同乗者がいなければかなり恐いと思います。

Photo_5

翌日、子供達は朝から水遊びです。

このライフジャケットは、楽天で一つ2000円で買いました。

子供達はしきりに 「冷めて~ 冷めて~」と叫んでいます。

かなり水温が低いのですから、そりゃ寒そうです。

午前中にはチェックアウトをし、その足で国営あずみの公園に行きました。

自然のフィールドを使ったアスレチックや竹馬、トランポリンのような巨大マシュマロドームなど、今度は大汗をかきながら子供達ははしゃいでいました。

夏休み初日の3連休でしたので、帰りは大渋滞です。小仏トンネルから40kmの渋滞は深夜まで続きました。

こんな時はパーキングで仮眠にかぎります。

帰宅はAM1:30になってしまいましたが、無事帰宅できました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

やはり日本は明るかった

Earth_night


夜の地球です。

日本の明るさが際だっておりますね。

朝鮮半島が南と北で二分されているのが分かります。


結構日本って大きく見えません!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

太陽のタマゴ

どうも我がBlogはポリティカルな内容だとコメントをスルーされる方が多いようですので、読者に戻ってきて頂くためにも評判のいい食い物の話題を・・・

先日より入院していた母親が、無事退院してきました。(目の病気でした)

手術代と入院費用を合わせて40万円オーバー・・・

まぁお金には替えられないと言うけれど、コレがアメリカだったら数百万の請求書が来たでしょう。sweat01

入院中は叔母達に、大変お世話になりました。

で、今回お礼と快気祝いを兼ねて、宮崎県認証の太陽のタマゴというマンゴーを送りました。

Mango


2コで1万円オーバーです。

た・か・が マンゴー如きが、

2コで1万円オーバーなんです!!!


あり得ませんよね普通・・・

大昔のバナナと同じ価値でしょうか?

でも今回、ホントお世話になってしまったのでサプライズの意味を含め送りました。


メチャクチャ美味しかったそうです!


そうりゃそうでしょう、2コで1万円ですもの・・・


おれも喰ってみて~~~crying

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

マスメディア

政局が大きく動きましたね。

しかし最近気に入らないのは、マスコミによる世論誘導。

マスメディアが相撲界や政治をゴシップ記事の一つに成り下げて扱う姿勢は、言論の自由を盾にとった活字のテロリズムと言っても過言ではない。

戦時中の大衆扇動術の一つとして、メディアを使ったプロパガンダのそれに近い事を、ワイドショーでは視聴率稼ぎの手段としておもしろおかしく垂れ流している。

相撲界を翻弄し、政局を翻弄し、日本の政治を混乱せしめ、またそれをメシのネタにする。

私は過去、松本サリン事件で嫌疑をかけられた男性の事を、マスコミ報道を鵜呑みにして個人的にマスコミ同様に疑っていた。

しかし結果は冤罪で、その上その方の奥さんも被害者の一人となり、人生をボロボロにされてしまった。

その時初めてマスコミの大衆扇動の怖さと、デマに踊らされた自分を強烈に恥じた記憶がある。

マスメディアの情報は 「諸刃の剣」 だと認識し、踊らされないようにしなくては、我々国民は愚民そのものに成り下がってしまう。

と言いつつ、先だっての小泉政権の折には、郵政の是非を問う選挙だとコロッと騙された自分がここにいますけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

参議院選挙

参議院選挙
本日は参議院選挙ですね。

わたしは事情で期日前投票をしてきました。

三十路過ぎからは、選挙には極力投票に行くように努めています。


義務を果たさず権利を主張する。


選挙に参加せずに、税制や政策に文句を言うのは、滑稽極まりない事だと考えます。

わたしもそこそこの年齢となり、家族を抱え家を持つ身となると、若い頃のように政治に無頓着ではいられなくなるようです。 と言うか、なってしまいました。

自分が投票しても、どうせ何も変わらない。などと子供のような屁理屈を、自分の子供の前でも恥ずかしげも無く言えるものでしょうか?


って事で、皆さん投票には是非行きましょうよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

BOWY COMPEX 布袋寅泰 REBECA

中学生当時の青春時代の音楽。

最近youtubeでよく聞いている。

あとバービーボーイズとB'sのBad comunication も当時を思い出す。

小学校のころは菊地桃子や斉藤由紀なんか好きだった。

中森明菜や聖子ちゃんはちょっと上の世代。

オニャン子クラブはあまり好きではなかったかな。

そういえば山本スーザン久美子って人がメンバーにいたね。W

高校時代は渡辺美里・尾崎豊が大好きだった。

その頃TMネットワークとXのコンサートにも行った事がある。

当時の西武球場の渡辺美里のコンサートのプロモーションビデオには、開場前のインタビュー風景にガッツリ俺が映っていたっけ。 曝

なんか昔のミュージシャンの方がパワーを感じる人が多かった気がするよね。

最近のアイドルユニットは全然興味無いし、ヒップホップっていうの? レゲーのようなだらしない脱力系の歌。

これらは生理的に全く受けつけない。

あっ!?でも昨年Perfumeのファンクラブに1年入会したな、俺。 WWW

最近でいうと L'Arc-en-Ciel は凄くいいね。

もう少しBowyチックなパワーを感じがあれば(男のファンを陶酔できるような)、ファンクラブに入っちゃうかも。


そういえば娘達が最近 嵐 の話題をよく口にする。

ジャニーズはちょっと厳しいな・・・

親として何か公式なホストみたいなイメージがあるんだよね。。。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

コールマン 松戸アウトレットショップが7月8日に移転

松戸アウトレットショップが移転するそうです。

新店舗の住所は千葉県松戸市樋野口788

Map

自宅から幾分か近くになった。

これで思う存分修理に出せるぞsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

人形町 『玉ひで』 親子丼

人形町の親子丼で有名な 『玉ひで』

Omote

店内はさすがは老舗の佇まい。

箸やナプキンまでこだわりの一品。

Hashi

ここの軍鶏肉を使った親子丼は大変有名で絶品です!

Oyako

食べかけの画像でお恥ずかしいのですが、実はこの時点でかなり酔っていました。happy02

酔っぱらいには本当に勿体ない一品です。。。 crying

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »