« 福島県産野菜の放射能濃度を測定してみた | トップページ | なんて名の花でしょう? 2 »

2011年6月12日 (日)

がんばろう!福島 MSCC東京ラリー2011 のオフィシャルに行きました

6月10日~12日に全日本(東日本併設)ラリー選手権のラリーにオフィシャル要員で行ってきました。

全日本格式のラリーです、うっかりミスは許されません。gawk

こちらのラリー、今でこそRSCCが毎年団体でオフィシャル参加していますが、初期の頃はpa.さんと2人で参加しておりましたので、かなり長い年月携わっているラリーなんです。

今回(というか、ここ数年)私が担当しているのは、フライングフィニッシュ(FF)という役務です。

様はスペシャルステージのゴールラインマンです。

全日本選手のラリーカーが目の前を全速力で走り抜ける迫力は役得かもしれませんが、万が一にもSSを不成立させてしまっては大変な事です。

ですので、メインの光電管式測定機の他に

・ハンドスイッチ
・プリンティングタイマー1
・プリンティングタイマー2
・自前STOPウォッチ

のバックアップ機器を用意し、計5台体制で挑みます。

しかし悪い事は重なるもので本番中の一時、自前STOPウォッチ以外の全てが不調になるという出来事が発生しました。

特にプリンティングタイマーに関して言えば、3~4年越しにオーガナイザーに不具合発生を訴えているにもかかわらず、私が使用した時のみにしか故障しないなどと言われ、現在まで修理して頂けていません。
(このままでしたら次年度の参加は見送ろうと思っております。)

さてこのラリー、あのVシネマの帝王の異名をとる俳優の哀川翔さんもドライバーで参加していました。(結果はMSCCのHPで確認して頂きたいと思います。)

哀川さんには今後も是非ラリー界を盛り上げて頂きたいものですね!

|

« 福島県産野菜の放射能濃度を測定してみた | トップページ | なんて名の花でしょう? 2 »

コメント

お疲れ様でした
Pタイマーに関して今回は他でも同様のトラブルが発生したそうですよ、恐らく機器の老朽化である条件で発生するトラブルでしょう

ウチではすでにこの機器に関しての信頼度は0です
最強機器は自前STOPウォッチだという事です
これも何年もやっているからこその対策でした
競技ですのでSSタイムを公平に正確に計時することが、何よりも重要だと思っています
今回のMSCC2011において、我々計時としての役務は結果、完璧に達成できたと思います
これが当たり前なのですが、実際に当たり前に済ませるタメには経験と気転が必要で称えられていい事です
ラリーは予期しないアクシデントが多数出るのでそれに対応できる人員が不可欠で頭数ではありません

まあ、こりずに来年も頼みますよ
他に適任者が思い浮かびません

投稿: pa. | 2011年6月13日 (月) 09時21分

はい、わかりました。

そういえば大昔、RSCCのラリーをオーガナイズしていた頃のこと。

ラリーの空いていた時間に弁当を食っていたら、ma.さんに叱られた。

他のクラブが手伝いに来てくれていて、しかもその人達にまだ弁当が届いていないのに、なんでウチのクラブ員が先に食べているんだと。

15年くらい前?の、今でも鮮明に記憶が残っている一言です。

それいらいウチのラリーに手伝いに来てくれているゲストオフィシャルに敬意を払うということを覚えましたね。(教育されたのですね)

日当払うからコキ使えって感覚は無いにしろ、優遇しろとは決して言いませんが、冷遇するのはホント勘弁してもらいたいものですね。  ε-( ̄ヘ ̄)┌  …

投稿: shimoxray | 2011年6月13日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10765/51928757

この記事へのトラックバック一覧です: がんばろう!福島 MSCC東京ラリー2011 のオフィシャルに行きました:

« 福島県産野菜の放射能濃度を測定してみた | トップページ | なんて名の花でしょう? 2 »