« Jetstarの航空運賃が激安すぎる | トップページ | 「はっちゃく先輩」ついにフォルツァ250 MF08を購入 »

2012年5月27日 (日)

二輪車実技講習会in小岩の午後

今日は噂の「小岩の午後」に初めて参加してきた

「小岩の二輪車実技講習会には午前と午後が有り午後の方がレベルが高い」

などと掲示板で前からよく目にしていた

午前は第1と第3日曜日に小岩警察署と二輪クラブが協同でオーガナイズしている

午後は毎週日曜日にその二輪クラブのみが主催しており、講習会というより練習会のような感じだ

自信のある班とゆっくり走りたい班に分かれてくださいと、いきなり自己申告のレベル分け

今回は最初でもあり、皆さんのスピードレンジがわからないので「ゆっくり走りたい班」で様子見

1班と2班が時間制で交互に走り込むパイロンスラローム設定なんだけど、「自信のある班」の人達の速いこと速いこと!

会場ではぼっちで誰とも喋らないので実情は分からないけど、どうやらジムカーナ系の人達がいるらしい

混雑していた今日は、各班の走行中も渋滞してしまう事が多々あり、「自信のある班」の人が「コレじゃ練習にならねーから帰ろうぜ」なんて言って帰って行くのを目撃・・・

1時から5時までタップリと走れるのだが、4時頃にはさすがに参加者もまばらになり始め、「ゆっくり走りたい班」なのに常に全開で走り込むことができた WWW

さすがに5時近くでは殆ど参加者がいなくなり、私の疲れもピークに達した

今日発見した事はHMSのCB750と違い、オフセットパイロン時のフロントブレーキの使い方が微妙に違うってこと

CB750→初期中期出口でブレーキが一定に利くのに対し

VFR400Z→初期中期ほぼ制動かからず、出口(超低速時)で急にロックしそうになる

これってブレーキパッドのせいなんだろうか???

これだと、ブレーキリリース→アクセルオンの切り替えタイミングの幅が狭くなり、失敗する率が非常に高くなり、かなりリスキーになっているのでリアブレーキで補助したくなっちゃう

実は最近「脱リアブレーキ」の領域に入り始めているので、ここでリアブレーキの恩恵に頼る訳にはいかないんだ

|

« Jetstarの航空運賃が激安すぎる | トップページ | 「はっちゃく先輩」ついにフォルツァ250 MF08を購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車実技講習会in小岩の午後:

« Jetstarの航空運賃が激安すぎる | トップページ | 「はっちゃく先輩」ついにフォルツァ250 MF08を購入 »