« 7月13日 | トップページ | テンション↑ »

2013年7月14日 (日)

7月14日

4時起床

岩手県水沢に近いRH バルカンを出発したのは6時ころだった

残念ながら雨が多少パラついていたが、気温の低さからカッパを着て走ることに

日本の中央から太平洋側に水平に移動

目指すは陸前高田の奇跡の一本松

7月14日

携帯からの撮影のため少々見難いが、中央にある松の木がそれ

時間は7時ころなのに駐車場に車がすごい

7月14日

下へ南下し、気仙沼市の第十八共徳丸

こんな陸地まで流されてきたのか・・・

道を挟んだ目の前にセブンイレブンができてる ビジネスだねぇ... 

そこに居た、なにわナンバーの200ccのツーリンガーと話す

大阪から一晩かけてここまで来たらしい Σ(゚д゚;) 

また、駐車場で近所のジイとも話し込む

「知り合いの漁師がプレジャーボートを余らせている、50万円なら安いだろ?」

「いりません・・・」
7月14日

ほとんとべた基礎の状態の町並みは異様

7月14日

南三陸町 防災対策庁舎

繰り返し「高台へ非難してください」と防災無線で呼び続けていた亡くなった女性職員の記憶

庁舎屋上を2mも上回る津波が襲い、アンテナと非常階段にしがみ付いていた人だけが助かった映像

この建物ほど無言で多くの事を語る物はない


バイクの集団が多数来ていた

先ほどの一本松でもいたが、観光バスで見学しているツアーが多いこと

悪いとは言わないけど、結局はTVの前の物見遊山と変わらないよな

その後海岸沿いの岩井崎・潮吹き岩を見に行ったが、岩場だけで何も起きない???

「東京から来たの?」

駐車場にいたご夫婦に話かけられた

その方曰く、震災の影響で1m近く地盤が沈下しちゃったので、潮を吹く岩は今は海中に沈んでしまったとのこと

岩井崎を後に下道で海岸沿いを下ったのだが、松島の辺りで大渋滞にはまる

スコールや渋滞で疲れたので、夕方の苫小牧行きフェリーまでしばしインターネットカフェで休息

そこからこのリポートを書いております

|

« 7月13日 | トップページ | テンション↑ »

コメント

震災のその後、目の前に複雑な心境が伝わってきます。

合掌。

投稿: P山 | 2013年7月16日 (火) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月14日:

« 7月13日 | トップページ | テンション↑ »