« ウォルト・ディズニーが住宅販売開始―フロリダ | トップページ | SNELL規格には、銃による弾丸貫通試験が義務付けられている »

2013年11月20日 (水)

VFR400Zの整備

昼飯後に、バイクを軽くメンテナンスした

まずはプラグ交換

Puragukoukan

相変わらずフロントバンクが狭くてやり難い

左側のファンスイッチセンサーの根本が断線しそう・・・

交換したプラグはもちろんイリジウムプラグ

高いんだなコレ・・・

イリジウムIXスパークプラグCR8EHIX-9

ついでにリアバンク側の2気筒だけコンプレッションを測ってみた

1banbankcomplessyon

2banbankcomplessyon

1番 11.5

3番 11.0

まあ、こんなものだろう

プラグも2スト時代に比べると全然きれいなんだど、2シーズン使い続けているし潔く交換

ここでなんと、ラジエーターのリザーブタンクが空になっていた!

夏のツーリングの時には大丈夫(Lowだったけど・・・)だったのに空っぽだ

補充液をドボドボ継ぎ足した

Resabetank

2輪車講習会のパイロントレーニングをしていると、ついついリアブレーキを多用しペパーロックが起きてしまう

まめなブレーキフルードの交換は必須だ!

Riaburekioirukoukan

ってか今度は沸点の高いDOT5.1にしてみようかな

あ、あとスリップオンのマフラーにも変えたよ

忘備録: 16745km

|

« ウォルト・ディズニーが住宅販売開始―フロリダ | トップページ | SNELL規格には、銃による弾丸貫通試験が義務付けられている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VFR400Zの整備:

« ウォルト・ディズニーが住宅販売開始―フロリダ | トップページ | SNELL規格には、銃による弾丸貫通試験が義務付けられている »