« 無理ッス | トップページ | 中国が台湾を占領 »

2014年3月19日 (水)

極低速時のブレーキジャダーの原因解明

フロントのブレーキマスターシリンダーを、ブレンボのラジアルマスターに交換し、GOODRIDGE製のステンレスメッシュホースに交換しても治まらなかったジャダー

あるとき赤信号停止直前で、何気なくニュートラルに入れたら現象がでていない・・・

私は新規購入マシンやレンタルマシンに乗る時、真っ先にやるのがアクセルワイヤーの遊び調整と、ブレーキ&クラッチレバーの位置調整

指が短く、グローブのサイズがMサイズの私

各レバーの位置をかなり近くに調整する癖がある

今回クラッチレバーのミート位置を遠くに再調整すると、かなり現象が改善された

元々クラッチの切れが悪いエンジンと相まって、制動がかかっている状態でも駆動されていたようだ

これでまた一つストレスシュートができた

|

« 無理ッス | トップページ | 中国が台湾を占領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極低速時のブレーキジャダーの原因解明:

« 無理ッス | トップページ | 中国が台湾を占領 »