« 脅威の燃費 Lead125 | トップページ | Lead125タイヤ交換 D307 RUNSCOOT »

2014年4月14日 (月)

GWのキャンプ候補地を下見 (Lead125で!)

子供達(と言っても高校生と中学生なんだが・・・)のGWの予定は、新学期が始まらないと決まらないので、計画がこの時期となってしまったGWキャンプ

アチラコチラに電話するも、高規格キャンプ場はどこも予約で一杯

そこで色々と情報を調べていると、そういった場合予約不可能のキャンプ場が狙い目らしい

近場で探してみると、意外にも超近場のキャンプ場が発見できた

「道志の森キャンプ場」

ここは神奈川から山梨に渡る道志街道沿いの川岸のキャンプ場

首都圏からすごく近く、値段もかなりリーズナブルでそして直火もOK

こりゃぁきっと上級者向きだな・・・

5月24日のSSTR 2014(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)にむけて、Lead125での長距離ライディングのトレーニングを兼ねて見学しに行った

なにせSSTRは日本初・列島横断ツーリングラリーなので距離は450km 

今回は自宅から帰宅まで240kmのソロツーリングだった

Kanri

管理棟の前

なんと管理棟周辺限定で無料でWifiが使える

このキャンプ場で一番人気のサイト、プール周囲に向かう

Ike

いずれも場内は砂利道なのでスクーターにはちょっとキツい

感想としては、場内サイトの優劣に雲泥の差があるキャンプ場だと感じた

ここは先着順で好みのサイトを占有できるシステムなので、コツを知っているリピーターには後塵を拝するだろう

ひと通り場内を回ったので帰路につくことにした

行きは道志街道できたので、帰りは念願の国道20号線で帰ることにした

何故念願なのか?

じつは以前P山さんと石和温泉での学会に、西湖のキャンプ場にスクーターでやってきたことがあるのだが、国道20号線は週末125cc以下は通行禁止となっていたのである

走り屋全盛期に大垂水峠で多発した、交通死亡事故の影響が今だに残っているのである

山中湖を経由して20号線へ

Kawagutiko

工事と自然渋滞で終始混雑したR20だったが、奇跡が起きた

なんと、唯一コースクリアで走れた区間が、大垂水峠のみだったと言う奇跡!!!

懐かしかったな~~

当時沿道にあった、古臭いコテージ風のラブホはもうありませんでしたWWW

帰りは水道橋のバイクタイヤ専門店マッハに寄って帰宅しました

結論・・・かなり疲れた!!!

SSTRまじでヤバイかも・・・

|

« 脅威の燃費 Lead125 | トップページ | Lead125タイヤ交換 D307 RUNSCOOT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10765/59470481

この記事へのトラックバック一覧です: GWのキャンプ候補地を下見 (Lead125で!):

« 脅威の燃費 Lead125 | トップページ | Lead125タイヤ交換 D307 RUNSCOOT »