« SSTR2014 車両整備 プラグ交換 & エンジン圧縮比測定 | トップページ | SSTR2014 完走しました~~♪ »

2014年5月22日 (木)

SSTR2014 車両整備 エンジン圧縮比のなぞ

昨日計測した圧縮比 16.5 の続報です

本日SSTR2014を共に走るイケGのリード125(同型同時期モデル)のコンプレッションを計測したところ、なんと同じ 16.5 の値を示しました

そしてプラグも私と同じく外側電極が真っ白けっけ!

また、当方のリード125ですが、運良他の方の計測器を借りれたので、再度計測したところ、約15kgf/cm2でした

何でだろう~~???

|

« SSTR2014 車両整備 プラグ交換 & エンジン圧縮比測定 | トップページ | SSTR2014 完走しました~~♪ »

コメント

参考になりますかね?
測定方法。
エンジンがキチンと温まった状態で測定しないとダメみたいですよ。

投稿: マッハ☆イッタ | 2014年5月23日 (金) 07時07分

ポケットの中で誤送信してるし…(-.-;)

セル回した時の回転数(ピストンの速さ)で 圧縮比変わってしまう。など 書いてありました。自分には 難しすぎて 計算できないけど…(T_T)

投稿: マッハ☆イッタ | 2014年5月23日 (金) 07時56分

やはりセルの回転が早いのかな?
とりあえずそのゲージで他の車を測定してみればゲージの信頼性はわかるよね

そもそもコンプレッションゲージってそんなに精度が高くなさそうだよね
絶対値というより気筒間のバラつきみるとか
コンプレッションがあるか無いかの大雑把な判断が多そうだけど

投稿: pa. | 2014年5月23日 (金) 16時03分

マッハ☆イッタさん
pa.さん

リード125やPCXのeSPエンジンはセルモーターがありません。

エンジン始動には、発電ダイナモに電流を流しモーター代わりにしているそうです。

多分そこで始動時のクランクの回転速度が高く高圧縮値となったのではと考えております。

shimoxray

投稿: shimoxray | 2014年5月23日 (金) 19時36分

PCでコンプレッションゲージ まじまじ見ました。
ゲージの文字板を見るかぎり
精度を求めるゲージではないのかなぁ?
もし、JISの定める公差内にはいるなら
CL1.6とかCL1.0
(CL=クラス、1.6=フルスケールの±1.6%内)
の記載があってもいいんだけど・・・。
仮に 真っ当なゲージでも 急な加圧をしたら
実圧以上の数値が出るのは必至ですね。
あと このゲージ kgf/cm2とkPaの
併記メモリを使ってるとこを見ると結構古い?
JIS規格では MPa表記が標準になっています。

投稿: マッハ☆イッタ | 2014年5月23日 (金) 20時55分

マッハ☆イッタさん

購入して幾年か経った安物ゲージです。

トレーサビリティーやキャリブレーションをしたような厳密なゲージでは無いので、まぁ精々再現性があれば御の字かと・・・

ってか計測機器屋さんですか?もしかして?WWW

投稿: shimoxray | 2014年5月23日 (金) 21時16分

YES!(b^ー°)
工業用途向け温度計圧力計を受注生産してま~す。

投稿: マッハ☆イッタ | 2014年5月24日 (土) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSTR2014 車両整備 エンジン圧縮比のなぞ:

« SSTR2014 車両整備 プラグ交換 & エンジン圧縮比測定 | トップページ | SSTR2014 完走しました~~♪ »