« 故障1 CASIO G-Shock 【カシオ本社】 | トップページ | サンメドウズジムカーナ練習会2015.09.05に参加してきました »

2015年9月 3日 (木)

故障2 VFR17 フロントフォークのガタ 【浅見レーシング】

以前より発生していたトップブリッジ(三つ又)のガタ

ステムベアリング近辺が怪しいのだが、昨年に浅見さんで新品に交換してもらったばかり

先日の大クラッシュの影響かな?

トップブリッジにガタがあると、フル加速→フルブレーキング時に一瞬無駄な動きと、タイミングのズレが発生して、寝かし込むタイミングを逸してしまうような気がするのです

一度トップブリッジを浮かせ、ロックナットを2枚同時に締め込んでみたけど、早々に再発してお手上げでした
Sutemu
ネットで調べると、2りんかんでステムベアリングの交換をして貰えるようなので、近所の2りんかんへ相談しに行きました

ところが、そこのピットの人の感じが悪く、とても信頼できそうにありません

で困ってしまい、ためしに浅見さんに電話をしてみたところ

「わかった、いつ持って来れる?」

と二の句を告げる隙の無いレスポンス (・_・)エッ....?

そういった経緯で、久々に浅見レーシングへ向かうことになりました

Sbsh0105

この住宅が浅見レーシングです

ヤマハワークスの元WGPライダー浅見貞男さんが、ガラスの中で作業されてます

パッと見全くそんな雰囲気の無い、完璧にカモフラージュが効いていますね WWW

Sbsh0108

車は頭から入れてくれと言われました

浅見さんの検証の結果、特に不具合は無かったとの診断を頂きました

現在のバイクはテーパー型ローラーベアリングを使用していますが、VFR17のように古いバイクはテーパー型ボールベアリングを使用しています

ボールベアリングの弱点は、アタリが出るまで緩みが発生する事だそうです

浅見さんは、ステム周りを全てバラしてチェックをしてくれました

そして私が行った増し締めの方法は、間違っているそうです 

ロックナットは手間を惜しまず、別々に締めなくてはならないようです

.
.

そして、なんと私のリアサスの減衰力が調整できることを教わりました!!!

かなりリバウンドし易いサスだと思っていたら、ノッチが弱になっていたのです  il||li _| ̄|○ il||li

いきなり浅見さんが、ノッチをカチカチ締め込みました(6ノッチぐらいか?)

「どうだ!かなり硬くなったろ?」

・・・ セッティングの出し直しです

因みに今の私のバイクのスプリングレートは

Front: 0.8kg

Rear: 10.8kg

だそうです

これも初めて聞きました・・・

そんな荒削りな感じの浅見さんですが、私的には大変よい人に出会えて幸せです

今後とも宜しくおねがいします

|

« 故障1 CASIO G-Shock 【カシオ本社】 | トップページ | サンメドウズジムカーナ練習会2015.09.05に参加してきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10765/62211393

この記事へのトラックバック一覧です: 故障2 VFR17 フロントフォークのガタ 【浅見レーシング】:

« 故障1 CASIO G-Shock 【カシオ本社】 | トップページ | サンメドウズジムカーナ練習会2015.09.05に参加してきました »