« 中華そば 椿 in北区 | トップページ | 秋葉原 ドラクエローソン »

2016年2月14日 (日)

Lead125 サスペンション オーバーホール JF45

ストレートでアクセル全開の後にフルブレーキングして交差点を曲がりますよね?

そのブレーキング時にフロントサスが 「ダッ・ダッ・ダツッ」 ってホッピングし始めちゃったんですよ最近

これじゃぁ危ないっす

なのでODOメーターも約2万キロとなった今、フロントサスとリアサスのオーバーホールをすることにしました

フロントサスはゴム系・スライド系の全交換を含めたオイル交換

リアサスは分解不可能なので社外のサスペンションと入れ替えです

ジャッキを噛ませ、ブレーキキャリパ・ブレーキライン・フェンダーを外し、フロントホイールを外します

004_large

トリプルツリー下端に左右2本のボルトでフォークは固定されています

噂通り、純正パーツの締め付けトルクが凄く固いです

インナーフォーク上端に錆が発生していますが、摺動部では無いところですので、3Mのスコッチブライトで擦って綺麗にしました

008_large

以前のリード100 JF06 でもそうでしたが、インナーフォークのトップが、キャップ方式のため、少々コツが必要です

009_large

隙間に潤滑剤を入れた後、上部のキャップの凹みをでっかいマイナスドライバーで押し下げ、内側に出現するCクリップを外します

ここでのコツは、ただ力で上からキャップを押し下げるのではなく、押し下げると同時に

インナーチューブを上に引き上げる のがコツです

※体重を乗っけてキャップを押し下げると、サスペンション自体がストロークしちゃいます

012_large

そして通常のストラットサスと同様に、T字のSSTレンチを使い、底部の固定ボルトを外します

015_large

014_large

ここで通常のサスと違う構造に驚きました

016_large

普通、底部の固定ボルトを外すと、インナーチューブとアウターチューブが分解できます

インナーチューブをアウターチューブから抜く時に、インナーチューブにあるスライドメタルが引っ掛かりとなり、フォークシールがインナーチューブと共に抜けます

ところが、このバイクはインナーチューブ外側に有るはずのスライドメタルが無く、 スポッ とインナーチューブだけが抜けちゃいました(上画像)

その代わり内部にプラスチック製のスライドピストンリングがあり、それが摩擦抵抗部となり、スライドメタルの代わりをしていました

アウターチューブに残されたオイルシールを抜くため、マイナスドライバーにレンチを噛まし、ネジリ方向でオイルシールをコジリ抜きました

017_large

純正のオイル規定値
GL-10
87cc
57mm

今回はGL-15 約90ccの55mmにしてみました 

.
.
.

リアサス交換です

フロントサスと違い簡単で、10分と掛からず終わりました

まずアンダーボルトを外します

019_large

シートごとヘルメットBOXを外します

サスのトップボルトを外します

そのとき一応ジャッキは噛ましましたが、フレームは全然重くないので必要ないです

018_large

キタコ(KITACO) リアショック W330  レッドスプリング
520-1425030
対応車種 : リード110 リード125
【AMAZON】 定価¥7,020  購入価格¥4,917 送込

020_large

最後、疲れちゃったのでインパクト使っちゃいました テヘペロ

022_large

直進時の路面追従性が下がった → リアサスが固くなった為

ブレーキが効くように感じる → フロントサスのボトムスピードが遅くなり、ブレーキの効きがリニアになった為

スタンドを擦らなくなった → コーナリング中のリアサスの沈み込みが少なくなった為

コーナモーメントに変化 → 今までと同じような速度・角度・ブレーキの引きずりで曲がってみると、弱アンダー気味になったと感じました → リアサスのボトムが減った分、フロントが逃げる(アンダー)ようになったのでしょう

こんかい全体的にリアサスの影響がかなり強く影響しているように思います

故に タイヤの限界を高めれば、もっとコーナリング速度が上げられるようになったってことでしょう 


まぁ、でも言っても通勤車両なんですけどね・・・

Photo

|

« 中華そば 椿 in北区 | トップページ | 秋葉原 ドラクエローソン »

コメント

はじめまして。質問させていただきたいのですが、
リード125のフロントフォークをオーバーホールしようと考えており、交換作業の方法を見ていたところ、工具にT字のsstとありましたが、どのような工具なのでしょうか?他に代用はできますか?
教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿: 山口 | 2018年8月16日 (木) 14時27分

こんにちは

インナーチューブとアウターチューブを繋いでいる内部のネジを回すのに必要な工具です。

これが無いと、アウターチューブ底部のボルトを回してもクルクル共回りしちゃうのです。

以下に他の方の画像ですが、ご参考ください。

https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/43/0000141343/60/img43c2d320zikezj.jpeg

https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/43/0000141343/02/imgb69ab06dzikbzj.jpeg

https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/43/0000141343/03/img9ac4839czik5zj.jpeg

https://www.monotaro.com/g/01493544/

投稿: shimoxray | 2018年8月16日 (木) 23時05分

url付きで説明していただき、どのような工具なのか理解できました。
ありがとうございます。
モノタロウのurlも載っておりますが、こちらの工具でリード125フロントフォークがバラせるのでしょうか?
お手数かと思いますが、回答いただけましたら幸いです。

投稿: 山口 | 2018年8月17日 (金) 09時37分

差込角9.5mmのT型ハンドル https://www.monotaro.com/g/00329263/
も必要です。

これで内部側のボルトの共回りを押さえて、底部の固定ボルトを外し、インナーとアウターを分離してバラバラにすることができます。

何事も経験ですので是非頑張ってください!

投稿: shimoxray | 2018年8月17日 (金) 23時07分

ありがとうございます。
挑戦してみます!

投稿: 山口 | 2018年8月20日 (月) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lead125 サスペンション オーバーホール JF45:

« 中華そば 椿 in北区 | トップページ | 秋葉原 ドラクエローソン »