カテゴリー「AMS OIL」の12件の記事

2014年5月29日 (木)

SSTR2014 『AMS OIL』 オイル交換後の圧縮比測定 【ファイナル】

SSTRのゴール会場にて走行後の圧縮比を測定すると企画していたにもかかわらず、残念ながら時間が無くて測定が出来なかった今回

遅ればせながら、帰宅後に圧縮比を計測してみた

Photo

16

共にAMSオイルのサポートを受けたイケGのリード125も、帰宅後の計測にて

値が変わることが無かった!

交換直後にはオイルの固さ?からか、アイドリングの振動が増した感じがあったものの、走行時においてはオイルの熱ダレや、ピークパワーの減衰などのマイナスは一切なく、逆に普通に最後まで走り切ることができた

『何の違和感も無く、最後まで普通に走れた』って事

これって、とても重要な点だよね

AMSオイルの信頼性を凄く良く表していると思うのです

次このオイルを使うかと聞かれたら間違いなくYESと答えますね

追補) 

タイトル AMZ → AMS OIL

ああぁ・・・

Z と S ってキーボードご近所なもんで、タイプミスしちゃいました、ゴメンナサイ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

SSTR2014 完走しました~~♪

先日チャレンジしたSSTR2014 無事とうちゃくできました

走行距離 477km (東京→金沢)

燃費は約50km/L

出発は江東区若洲 4時31分発

到着は千里浜海岸 18時45分着

実に14時間の行程です

正直疲れました・・・

朝日と共に撮った若洲でのスタート写真
Photo

甲斐大和 でスタンプ捺印の休憩
Photo_2

長野県 塩尻峠の道の駅 小坂田公園にて昼食
Photo_3

稲核ダム? で休憩
Photo_4

能登千里浜キャンプ場に到着したのは、なんと20時(画像は朝の出発の時)
Photo_5

ゴールに到着したのが18時45分ころ

7kmほどの海岸沿いをポディウムに向かって疾走する快感は感動モノ!

濡れて締まった砂地は何とか走れるが、ドライの砂地はハンドルが取られてかなりヤバイ!
(途中ハーレーのおっさんがすっ転んでいた)

ゴールライン通過後、記念撮影のために撮影場所に並ぶ

撮影後AMSオイルテントにバイクを駐車させてもらい、レギュレーションブックに自己採点を記入し、オフィシャルテントへ提出しに行く

そこで記念品を貰い地元の方から、オニギリと貝汁のケータリングを受ける

そのまますぐAMSオイルへ完走の報告をしに行く

この時すでに19時40分

キャプ場に到着したのが20時ちょう度だが、受付には列が・・・

宿泊予定のキャンプ場からパーティー会場へのシャトルバス最終便が20時20分とのこと

バイクだけフリーサイトに停め、バスに乗車したのがギリギリ!!!

なんて慌ただしいゴールなんだろう

Photo_6

パーティー会場はもの凄い人

案の定食べ物が戦時中のごとく不足する

ここで私をこのラリーに誘ってくれた 「リード125の雄 anaさん」 を探すも、絶対に見つかるはずもない程人で溢れていた

宴が23時におわり、シャトルバスでキャンプ場に戻る

疲れと酒でヘベレケになりつつも、がんばってテントを建てていると、

「あの~、Blogにコメントをくれた方達ですよね!?」

あ~~っ!

anaさんだ~っ!

暗闇の芝生の上で我々を探してくれたとのこと

超感動です!!!

anaさんは埼玉の自宅を0時に出発し、福島の太平洋側から出発したらしい

やはり尋常ではないプランを考える方だ・・・ スゴイ・・・

リード125のオフ会として一応成功ですよね? anaさん ?WWW

今度はもう少し時間的に余裕のあるオフ会で是非お会いしたいものです

Ana

朝は我々のほうが早く出発するので、熟睡中のanaさんは起こさずに、勝手にオフ会集合写真を撮影

眠気覚ましの眠眠打破を差し入れし、帰路につきました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

SSTR2014 車両整備 エンジン圧縮比のなぞ

昨日計測した圧縮比 16.5 の続報です

本日SSTR2014を共に走るイケGのリード125(同型同時期モデル)のコンプレッションを計測したところ、なんと同じ 16.5 の値を示しました

そしてプラグも私と同じく外側電極が真っ白けっけ!

また、当方のリード125ですが、運良他の方の計測器を借りれたので、再度計測したところ、約15kgf/cm2でした

何でだろう~~???

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

SSTR2014 車両整備 プラグ交換 & エンジン圧縮比測定

エンジンオイル交換ついでにプラグの交換もおこなった

手順は、まずシート下BOXを外す

で、フロント側のカウルをプラスドライバー2本で外す

Photo_2

あれっ!?

プラグの位置が、左斜め前に傾斜しているぞ!

う~~ん、困った・・・

結構作業性が悪いな

2_2

プラグレンチ16mm 山はM10の、今どきの細めのタイプのプラグだ

3_2

げっ~~~っっっ!!!

いっつ、ホワイティ~~~ やん!!!

Photo_3

しかも純正プラグDENSOだし・・・

理由は全くわかりません!

コンプレッションゲージ登場

Photo_4

ここで大問題が発生!

オフセットされたプラグホールへのクリアランススペースが無く、ゲージのゴムホースを垂直にプラグホールに差せない

何回やっても入らない

入らない

入らない

入ら・・・

入・・・

しかし30分ほど過ぎたところで神が降りてきた!!!

4

やった~~っ!

挿入完了!

で、アクセルを開け、セルを2~3秒回すと。。。

1

ナヌ???

16.5 kgf/cm2 ??? ∑(゚∇゚|||)

えらく高い値だな、

で2回め、

2_3

同じく16.5 ・・・

う~~ん

マニュアルだと11.0 なんだよね・・・

かなりハイコンプレッションだけど何が間違っているのかな?

ちょっと原因がわかりませんです (;ω;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SSTR2014 車両整備 オイル交換

AMSオイルに交換しました

Photo

Lead125 のオイル交換量は800cc

3

初のAMSオイルだが、粘度は硬すぎず柔らかすぎずの10W-30

2

オイルレベルゲージからのオイル挿入は難しく、オイルジョッキが必須のレイアウト

アイドリングが少し重い音になったかな?

本番走行が楽しみです!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

AMS OIL

Advanced Synthetic Motorcycle Oil 

アドバンスドシンセティックモーターサイクルオイル 

Image00103

届きました!

「ゴール会場ではAMS専用ブースでのお出迎え」

えっ~~!?

マジっすか?

頑張って安全に走りきりたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

SSTR2014 『AMZ OIL』 モニター当選!!!

『この度は、ASMOIL無償モニターにご応募頂き有難うございました。
厳選なる抽選の結果、shimoxray様にAMSOILを投入頂きSSTRを走って頂きたく、ご当選されました事をお伝えいたします。』

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


当選しました! オイルのモニター

まさか当たるとは思っていなかったので超嬉しいです!

アムズオイルのロゴは、競技好きの人なら結構目にする機会は多いと思うけど、カー用品店で目にする機会は少ない

あんまり取り扱っているショップが身近にないんですよね・・・


Logo


元々
ジェットエンジン用だったアムズオイル、化学合成オイルの開発が原点で、歴史も50年もあるオイルメーカーとしては老舗中の老舗

さて私のリード125は偶然にもオドメーターが現在6800kmなので、メーカー推奨交換時期7000kmのスタート直前でオイル交換ができそう

そして今回このオイルを使用して、ちょっとした実験をしてみるつもり


それは、

スタートとゴール地点で 『エンジンの圧縮比を計測』 する


もしスタートよりゴールでの圧縮比(コンプレッション)が低ければ、シリンダー内がオイルによるシール効果を保てていない事になる

それはパワーダウンを意味し、最悪は油膜切れからくるエンジン焼き付きの兆候とも言える

私自身使用実績が無いオイルだけど、レースのような過酷な条件下でテストしているオイルが万が一にも粗悪なものであれば、レースのリザルトで赤裸々に結果がでちゃうよね

と言うことで、コンプレッションゲージ持参でSSTR2014に望みま~~す! WWW


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

SSTR2014 ルート探索ミーティング

SSTR2014に我々は原付2種の リード125 で参加するので、当然全行程下道走行となります

そこで今夜、メンバー3人で軽くミーティングをしました

出発地点はご近所である 若洲海浜公園 に暫定で決定!

日の出日の入り計算サイト によると

若洲海浜公園 (東京都江東区若洲3−2−1)

日の出 04:29:31 
方位角 63.5023 度(方位角は北を0度とし、真東が90度とした場合)

とのこと

ちゅ~ことで、曇っていようが雨が降っていようが、AM4:30にここで海をバックに写真を撮って運営にメールで送信すればラリー開始なのです

そして問題の 東京~石川県 へのルートは大別して三経路あることが判明

第一経路・・・国道20号線にて 甲府ー諏訪ー上高地ー富山県
437km 10時間50分(途中大垂水峠をバイパスすると)

これはどのシミュレーターを使っても必ず選択されるルート

第二経路・・・国道17号線から18号 藤岡ー小諸ー須坂ー上越ー糸魚川ー富山県
487km 11時間10分

第三経路・・・国道17号線にて 藤岡ー沼田ー上越ー糸魚川ー富山県

503km 11時間51分

.
第一経路は東京から斜め左上に直線的に通るルート

距離も三平方の定理によって一番最短で行ける

しかし常にアップダウンのキツイ峠道を走ることになり、原付スクーターで上高地のような険しい山あいを乗り越えられるのだろうか?

.
第二・第三の経路は関越道のように、まず新潟方面まで日本を横断し、その後海沿いの道を石川県まで走り続けるルート

ところが距離が50kmも増えている

また、各都道府県の市街中心部を通るので、渋滞のリスクもある

意見は喧々諤々

いったいどのルートが吉なのだろうか・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Lead125 フロントタイヤ交換とウィンドスクリーン装着

SSTRに向けて整備

フロントタイヤを交換しウィンドスクリーンを装着

タイヤはD307 RUNSCOOT

Sbsh0114

フロントに履いて分かったがノーマル山減りに比べ、これは初期レスポンスが一瞬遅れる感覚がある

新品山あり&ワックスのせいなのかも?

外径も違うのかやはりコーナリング後半で、アウト側に逃げる感じがする

新品なのにグリップ感は高い

もう少し様子を見よう・・・

.
次にイケGから借りたウィンドスクリーン

Sbsh0113

中華製で、すでにプラスティック製ステーが割れている

ペラペラのPP材質はまるで商品のパッケージみたいだ

ちなみにイケGは、GIVI製の物を購入するらしい

Sbsh0112

なんかバイクが増えだしたな・・・

追記

ダメだこのウィンドウスクリーン!

風圧に負けるし、シナっちゃうし!

でも数百メートルほど体感できた、無風でのライディングは凄く良かった!

ちゃんとしたの購入しようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSTR2014 ゼッケンNo.届く

Sbsh0174

ゼッケンNo.321 

「321」結構ゴロが良くて気に入ってます

後は体力が持つかどうかだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)