カテゴリー「ツーリング」の152件の記事

2019年11月 3日 (日)

リード125長距離ツーリング、燃費とガソリン代はいくらだったのか?

9月に行った本州~北海道下道ツーリングの燃料代を計算してみました

GSで貰う領収書はすべてODOメーターと一緒に写真を撮り、無くさないよう保存していたのです



総走行距離は 2841km

合計給油量は 60.4L

ガソリンの総額は 8409円

平均燃費は 47.1Km/L

最高燃費は 53.31Km/L  

乳頭温泉キャンプ場から酸ヶ湯温泉キャンプ場への行程が最高燃費で、この区間では非常にアップダウンのキツい山道をひたすら走ったのですが、登りで吹けなくなり車速が低かったのが影響したのかも

次に良かった燃費は 53.28Km/L 

意外にも最終日の帰路で、那須塩原から地元足立区で給油の記録

大宮を越えた辺りから交通量も増え、ゴー&ストップも多かったのですが、平坦な道が効いたのかな?

ガソリン単価で一番高かったのは、秋田県湯沢市が149円

二番目に高かったのは同じく秋田県田沢湖147円 秋田県はガソリン代が高いらしい

今回最長の無給油航続距離は、苫小牧から広尾へ向かった280km

これは本当にヤバかった!

広尾に抜ける後半の日高山脈はGSやコンビニが無く、よもや遂に携行ガソリンの出番がくるかと思った

印象的に北上するほどENEOSが増していき、いつも給油しているシェルを見ることがほとんど無かった

10年程前に北海道では定番だったホクレンはその姿を減らし、ENEOSの勢力に飲まれているようだった

             
      ㎞/L L 単価
9月11日 東京 自宅        
      155 45.06    
9月11日 栃木県 那須塩原市     3.44 139
      142 41.28    
9月12日 宮城県 白石市     3.34 133
      62 44.29    
9月12日 宮城県 仙台市     1.40 135
      116 43.45    
9月12日 秋田県 湯沢市     2.67 149
      127 49.03    
9月13日 秋田県 仙北市田沢湖     2.59 147
      129 53.31    
9月13日 青森県 弘前市     2.42 132
      158 44.63    
9月14日 青森県 三沢市     3.54 132
      106 48.40    
9月14日 青森県 むつ市     2.19 139
      243 48.50    
9月16日 北海道 長万部     5.01 138
      157 49.06    
9月16日 北海道 苫小牧市     3.20 136
      280 49.91    
9月17日 北海道 広尾郡太樹町     5.61 131
      188 43.02    
9月18日 北海道 厚岸郡厚岸町     4.37 145
      177 52.21    
9月19日 北海道 足寄郡足寄町     3.39 134
      195 41.49    
9月19日 北海道 夕張市紅葉山     4.70 132
      223 46.46    
9月21日 北海道 小樽市銭函     4.80 140
      237 47.31    
9月22日 栃木県 那須塩原市     5.01 145
      146 53.28    
9月22日 東京都 足立区東綾瀬     2.74 131
             
    合計 2841   60.42  
             
    平均   47.10   137.5


荷物満載のヘビーウエイトでしたが、空気圧をやや高く2.5kgに設定して対処しました

行程てきにアップダウンが多かったのですが信号が無い田舎道が多く、この燃費で移動できたのだと思います

予想より遙かに体の負担が少なく、体力的にはかなり楽なツーリングでした

次回はCB1300の前ちゃんとCB1000のはっちゃく先輩と、リード125の3台で来る予定です!?


| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

【新潟港~自宅350km】残り10kmで小雨が降り出してギリセーフ

遂にこの旅も終わりに近づいてきました

しかし最期の大仕事「新潟から下道で自宅」まで帰らねばなりません

約350km、夜半には雨が降り出す予定です

一気に帰る以外、選択肢はありません

ということで、途中会津の道の駅で10割蕎麦を喰う以外、給油1回のほぼノンストップで帰宅しました

特に遅い車も居なかったので、大体60k/hのペースで走れたのが良かったです

流石に宇都宮に入ると交通量が多くなり、また夕方の越谷では渋滞が始まってしまいました

そのうえ小雨が降ってきました

なぜか最期の給油で 53km/Lを記録してしまいました

あんなGo&Stopを繰り返してそれは無いでしょう

事故も無く無事戻れて自分自身もホっとしております

次回はどなたか一緒にピンクナンバーでお付き合いお願いします! W

Img_9732 Img_9728 Img_9729 Img_9730 Img_9726 Img_9731

| | コメント (1)

2019年9月21日 (土)

【石狩〜小樽】全道に渡って快晴でした

C209093db631423b812840a61687653912dc6e52916e4229858a988dabdbba13

93b5c8baacc14e86b3b16bfff2896b6f

948d36e24f7c4155a66275f8179e71d0D10ea95cf5c9436c99efd2aec96ba735F2133a866fbe4573ac091a379c49cd38539e443aa2904baa97cac50576598ba6

172178b604e948f3800365280bdd14730cbd4b292a9746a1b31e91ef38edb2af

A780fe4d167b409295a1b58692729374Ba81837b969b41f3b748c70a0091f832C209093db631423b812840a616876539

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

【夕張〜石狩】ほぼ道内全域に強風注意報発令

起き掛けの頃まだ雨が降っており、朝もゆっくりに出発して、小雨を待ちました

北海道は高速バスが糞で、スクーターを舐めてきます

こいつらは、嫌がらせ行為に近い事をしてくるので、気をつけて下さい

さて距離的にショートな本日は、ついに太平洋から日本海側にシフトします

まずは、厚田漁協朝市に行ってみましたが、開いているお店が2軒だけ

時季外れと平日と強風のシケで、ほぼゴーストタウンでした

なので近くの道の駅 アイロード厚田で一休み

ニシンと数の子の親子押し寿司  二三一バッテラを買いました

今日は10年ぶりに町営の無料ライダーハウス  KAZEに宿泊するつもりでいました

ところが昼過ぎにもかかわらず、主の様なオッサンが大の字に寝ており、諦めて民宿やまたま  に入りました

明日はお楽しみの石狩さけまつりです


38da92f1118e47a58e59790874c2f28f

22562ebbba504a09aff7da4d2c6fcd23Ae6c1129c7a343249a1a5bdaf5f36029C028173c64e6416a83b9d37dbfbe911d185930c060d44d0a8580da2b74a187a2C466b2107c6e4de581cf24923a873cc84e2387cf601a48348c20bc208ed8addaC49fc03d5abf415bb3524fb8771e34a31a13015905b944dd8c0c8f04074adb8c

92b8e071ead94184896a384341a7526262ea5541bb374843a35415cf9e58ecd9

| | コメント (0)

【阿寒町〜夕張】こんな日に限って大雪山系で雪降ったってさ

阿寒町のGHコケコッコを6時に出発しました

この宿は、若人同士が和気あいあいと過ごす場所のようで、私の他にもう一人オッサンが、早々に退去しておりました

今日は夕張まで長距離だけど、朝早くから出発したので、時間には余裕があります

そこで今回は、昨日同様の海岸沿いの白糠、帯広からのルートでは無く、阿寒湖、足寄、十勝方面の山岳ルートにしてみました


大失敗です!


まず、阿寒湖を過ぎた足寄峠の寒い事寒い事

日影と橋の上は朝霜で超ウエット

それでも朝日が気持ち良かったのですが、大雪山の狩勝峠、これがヤバかった

ミゾレが降ってもおかしくない程の冷たい雨と風

幸いグリップヒーターがあったのでしのげましたが、場合によっては引き返さなくてはならなかったでしょう

越えて占冠村で食った蕎麦が五臓六腑に染み渡りました

到着した夕張では、町内数カ所探索するも、どこにも夕張メロンは時季外れで置いてありませんでした

そして、グーグルマップで評価の高い 夕張フォレストユースホステル さんに、最後の一部屋を予約でき、入ることができたのですが、ここは最高に良いお宿でした

相部屋のバディの方も大変良い方で、最後は凄く救われました



902435984fdc4f96b387defcfa26493e

97c81b2b528b483ebe0f8cef52c717cb5575ab79e93b4fcdbf120ccbd4f8c71a

De01e9e076c446bc810bc17a123a32a5171860d5e0df47ada31b7ad49abb43162104aeb9b9034efe89acc313af2184afA74fcc4e822a459e89463dc1e4ab3442

09a54d66d96745cf9a55b74c0ec61a4c6632428db31a40ec97b7bb5021800fbc

6faf95acec1d49dbae185c15df3dcf1c7e714a7ca9b14ea89b7e8dd6cac5c3f2Fa481200e8b448b0bc5e254d34b757b1786fff52399745749fe2f61e74b2f69b7b77f6f63363432eaaae6e32a6dabf07

9979097e576c4a648e7ee46637e7646d56c49130c80a46ed970de074ed78e566

| | コメント (1)

2019年9月18日 (水)

【晩成温泉 GHセキレイ館〜阿寒町 GHコケコッコ】曇り空で、カッパ必須

ほぼ初めてに近いゲストハウスの利用

どうやら今回泊まったお宿、カテゴリーはゲストハウスだが、客同士のコミュニティが存在する、とほ宿としてカテゴライズしてもらいたいらしい

何故この宿に泊まったかというと、ここで連泊すると、ご主人がオフロードバイクのレンタルと林道ツアーをしてくれるとの事

しかし今回残念ながら、ご主人の腰痛が酷く、ツアーは開催されなかった

最初は殺伐としていた客同士も、酒をが入ると0時頃まで話しこんでいました

翌日の私の出発時、全員が外まで見送りに来てくれ、何か思っていたのと随分感じが違いました

さて、朝食時に思い付きで、厚岸で牡蠣を食いますと宣言しちゃったので、実際に厚岸漁協共同組合直販所にいきました

水槽のデッカい牡蠣と、つぶ貝、ホタテ、ほっき貝を選び、刺身にしてもらい、イートインにでお昼で頂きました

夜はこれ又思い付きで、阿寒町にあるGHコケコッコにインしました

じつは今夜から寒波がやって来て、やばい寒さとなるらしいので、体調を考えた結果です

明日は

どこまで行こうかな

B73a993f052b431b861ab280de521a00Ed455c9ee0524d7db7a304319a548e388f92d0bffc044b4785c8807705854d8eB9ae80a93b474d07815aa3a59a98e47e2948ff0d4fde4dc1b685fc6513ff408650546a18719b4093b455f77fe4442152F38fee095bb64b088e1d05192f9eb6840c575f6e0c3e4926ae9acc3777d6a9e1969dd4911d1c46699367e3e27ccb6d4584d2c99c747944fa8969b78abd9982c46aba002c6b4d4e119e4082d4ac0763af569f4ada62b145769864898dd38975c52f6952738467425c82edda2a0a88729dAb5c3d8ab2774c55822b53fa114b861a386c07b4d47c4f6ba20ccf98e8e95f710e24ea72fd494648b78b47e365cfa2cf

| | コメント (1)

2019年9月17日 (火)

【苫小牧〜晩成温泉 302㎞】快晴なんだけど風がねー

苫小牧の旅館で目覚めると外はピーカン

昨日濡れたまま仕舞ったテントを干すにはチャンスです

30分の天日干しでコンプリートできました

宿は8時過ぎに出発し、途中再度不用な荷物の自宅への発送を行い、これで大分荷物が軽快となりました

日高山脈を越える途中、急な暗雲がやってきて激しいスコール

山を越え、釧路側海岸に出るとまた快晴と、目まぐるしく変化します

今日は本来、

・湧洞沼にてシジミを採り

・そのシジミを夕飯に、近くの晩成温泉キャンプ場

にて宿泊予定でした

しかし晩成温泉にある、ライダーハウス (今は旅館法の関係でゲストハウスという)セキレイ館に突如泊まることにしました

理由は後日書きます

ちなみに今日の燃費は、なんと 49.901㎞/Lをマークしました!!


64504ab467044091b33729919f7f5b42

Bba36f2b59d842f48ce0af9137af409bCafa07a06cf94be09ab5ddd308269ce0

Af839192323741c483e438140bbc647dF21ebec6d93f4f34ab4a9d6910e3aa3b

1c41079367164bbcb6c87250bea5a0c1


E1a257c3109f4e9f9109d029973e2dcf240f663b562749d48322fff121a52ac1

Cdc49d4ce3a349c8a9a8145f343d8df551116d27522c4d13b3e13da134a034d3 

B6dc6e6f98f44699bd3343c3d304d190

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

【恵山〜苫小牧 距離失念】驚きの燃費記録を樹立!

今日はほぼ移動の日、函館の恵山から苫小牧まで約300㎞を移動する予定です

朝起きると数分の間隔で霧が雨を落としていきます

タイミングを見計らってテントを撤収し、カッパを着込みスタートです

スタート後早々に 道の駅 しかべ が

何々、グルメと間欠泉だと?

行くしかないでしょう

ここの朝取れ魚介は、お店の人が捌いてお刺身で頂けるそうです

つぶ貝二個と、タコの刺身を食べました

間欠泉は、10分おきに噴出します

大迫力です

山に入ると雨が降り寒くなり、平地にくると日差しで暑くなり、脱いだり着たり忙しいです

洞爺湖で写真を撮り、支笏湖をかすめて苫小牧に到着です

燃費が驚きの 49㎞/Lを叩き出しました

荷物とライダーを軽くすれば、もっといい値が望めるでしょうね!?

42f57dc3f8374cc9a2360c6616ace8c9

88f3c606fcc94f728905491affc147c18c3c692961844c429a48d2acd865c25e

417a00b9cb2547ae81159ffbcd6cbe425b26fad51dc24899b1fbade9f20b80c5

144c7a17c41e4b7a9146010a3ca32a2bF65ea763da074fa8906b8eb6ed340718E5b11fe9611047639508e751014d94aa2ebc8e6d52f84c32aaf2dcf62d5912a358815cf788ac4bf9b9865ef8d05321b6A6aff25add82477f86e35dee909fd15c

追記

今晩の佐竹旅館さん

グーグルマップでの評価が高く、その理由がわかりました


3a581fd3e254434d90aa80174a9e6cca

07d5e99175d3441ea9bc48402fb5c0be


ゆめぴりか

ホカホカのご飯美味しゅうございました!


1b7f719d37c9436182ba51a72114370b

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

【大間〜函館 恵山】フェリーのご利用は計画的に

大間に来た最大の目的は、無論  大間の黒マグロを食う事です

大間では観光客誘致の推進として、本シーズン時だけ解体ショーを開催しています

これは絶対押さえなくてはなりません

さて解体ショーですが、連休中という事もあり、先週末の倍近い人混みだそうです

面白トークと共に解体は進みます

このイベントの目玉は、クロマグロ刺身定食を2800円で食べる事が出来るということ

食べている人を見ると赤身、中トロ、大トロがバランスよくたっぷり盛った刺し身皿の定食です

わたしはお宿の朝飯が腹に残っており、食べられませんでした 泣

午後は以前から函館に渡る予定を建てていたのですが、10日前に予約を取ろうとしたところ、既にバイクの予約が一杯で困っていました。

そこで、当日分でなんとか出来ないか直接窓口で嘆願したところ、じつは公にはしていないが、車分の空き枠でバイクも搭乗出来ることが判明し、無事函館に渡る事が出来ました

高級大型バイクのお爺様方に混じり函館の地に降り立ち、恵山海浜公園キャンプ場にテントをビバークします

このキャンプ場、目の前が海岸になっており、波の音が凄いです

そして無料海中温泉の水無し温泉に向かいます

予定では19時には干潮を迎え、海中から温泉が現れてくるはずですが、なかなか顔を出しません

そのうち寒くなり、辺りも真っ暗になってきたので残念ながら今回は入湯を断念しました

354fec9bde994630ab8dae4768b09db3

6c5e134dcb834305be29c7b5e17aadfc

D94ab664e00c4cb2ab747debb7cea51eA8e4bdca726341119aea8c3069ae97bb

1c96f8a7c77348aa93023b7c99a350eb009fd0fe5b8944cf8a53fd949855fe39Da00816892a048a7b6d5895dd98b8dc2A19e49e67b1f4ca788d14938cea4ce5c69251ebea8514931873d08ed7b6a38002f87ce7e25fa4624844d468a23cf5e51

B418c87905bd4f02acb87beff059f7f8


Fb8d45d5510242da8d060b843c6d4f0f4b7afec5087748009b801ff9232ff9b6

C35dfd52bead462183d81d78936d4171

| | コメント (1)

2019年9月14日 (土)

【酸ヶ湯〜大間崎245】山間部ステージから海沿いステージへ

帰り支度をし始めた酸ヶ湯温泉キャンプ場

昨夜までは殺伐として互いに目も合わせなかった場内で、朝の挨拶をきっかけに、色々な人達が皆話しかけ始める! w

ぶっちゃけ、出発が1時間遅れたけど、まあいいや!

今日のグルメは八戸にある、みなと食堂  ヒラメ漬け丼

艶やかなこのお丼は食べログにて八戸でNo1のお店

偶然にも到着時には空いていて10人待ち程ですぐに入れたが、帰り際には大行列でした

腹も満たされ、恐山方面に向かう途中、わたしのロングツーリングでお約束の、やっぱり要らなかったお荷物達を自宅に宅急便で帰らせました。

先日の夜勤の時にナースが、霊感とか無いけど恐山に入ったら、気分が悪くなったと、素敵なジャブを打ってきましたが、今回どこが恐山の霊場だかわからないうちに、大間に到着してしまいました。

今夜の民宿は、バイク界で有名な海峡荘さんです

ご覧の通り、大間の本マグロ料理の食わせ宿です

めちゃくちゃ食い過ぎました

E769535951774e26be657a091b060d61

04a47175310942e7988b00cc113b9758

335d4da4f9e8466e9c17fe136982a8f6D2a98b7e340b4e60bb47065fbbe84367

0416801c01e84e499421dac400ae7f3f122a5d51e86042dfba1f353043165b4b6dea569696954fc18ca952ebabc77f173a7ab82644cc43569efa269c8b89f35a43be4a44ae4844389f94dcefea3e3d6e36c067b61d304ce5a744a1117ba3e86dDc3b3f490e9e47c9aba76936fe4a1c1e

| | コメント (0)

より以前の記事一覧