カテゴリー「キャンプ」の64件の記事

2019年8月22日 (木)

キャンプ用具のメンテ

加水分解を起こしたフライシートの内側

調べると無水エタノールでの拭き取りが効果があるらしい

ヨドバシ.COMにて 500ml 約1000円の無水エタノールを発注し早速拭き取りメンテ

Img_8694-large Img_8696-large

インナーテントは内外ひっくり返して天日干し

Img_8695-large

ついでに今回使った3シーズンシュラフと、来月使うウインターシュラフの陰干し

Img_8697-large Img_8698-large

両者ともにmont.bellのダウンマミー型シュラフ

Img_8699-large

ISUKA製のインデフレーターマットは、メーカーに郵送し検証してもらったところ、内部の剥がれにより修理不能とのこと

購入からちょうど10年でしたので、十分元を取ったと思います

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

突然ですが、明日キャンツーに行こうと思います

場所は南アルプス縦走道路 R152 を下から上に上って行こうと思います

本当は途中の標高2000mにある、シラビソ高原キャンプ場でキャンプをして、星空を観ようと思っていたのですが、何やら佐野SAと同じく経営者と従業員が揉めて現在閉鎖中とのこと・・・

そこで近くの矢筈公園キャンプ場に行こうと思います

ですが、昨日の台風もそうですが、以前より R152 はあちらこちらで崩落して通行止めが多数あるとのこと

ここはカーナビを頼りに行くだけ行ってみます

ところで今回は、ETCの特別割引を利用することにしました

1556074333085 1556074503128 1556074586686 1556074935567

明日は東京から左下の 島田金谷IC で降ります

あさっては左上の 諏訪IC の辺りから帰るつもりです

2日間で4000円ですから、超お得ですね

また明日時間が許せば、名古屋新城市にある中村医院か、

Nakamuraiinn  

静岡県磐梯市のトン汁 枡形にも寄ってみたいですね

Masugata

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

ファミキャン inフォレストパークあだたら

最近ご贔屓にしているキャンプ場、フォレストパークあだたらへキャンプに行ってきました

昨年末のキャンプの時はコテージを借りましたが、今回はキャラバンサイトにしました

予約申込日の朝に電話をかけまくり、運良く5分で予約がとれたのです

初日はキャンプ場のチェックイン前に、村営テニスコートをお借りして朝からテニス

Img_6692-medium Img_7728-medium

右半身筋肉痛でパッキパキです・・・

キャラバンサイトは大変広く、テーブルと椅子もありました

もちろん電源付きサイトです

Img_7750-medium Img_7751-medium Img_7752-medium Img_6697-medium

初日はダッチオーブンを使ってアヒージョを作りました

Img_7753-medium_1

2日目は皆で初のトレッキングに挑戦です

まずは五色沼のルート

Img_6742-medium Img_6722-medium Img_6720-medium Img_6766-medium Img_6738-medium

次に雄国沼のルートにアタックしてみました

Img_6772-medium Img_6773-medium Img_7763-medium  Img_6781-medium Img_6784-medium Img_6782-medium

ところが雪渓に行く手を阻まれ、これ以上の散策は危険と判断し引き返しました

東北の桜は今が見ごろです

Img_6789-medium Img_6791-medium Img_6792-medium

朝食はいつも簡単にホットサンドで済ませます

Img_6796-medium Img_6795-medium Img_6798-medium

今年は長いGWでしたが、運良く天気の良い後半でキャンプができました



| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

年越しキャンプ 続き

フォレストパークあだたらのコテージは、人気の日程だと予約開始5分で売り切れてしまうほどの人気ぶり

他のサイトが気になり、広大なキャンプ場内を見て回ったのですが、電源サイトと常設トレーラーハウスサイトはオープンしていましたが、フリーサイトや電源なしサイトは閉鎖されていました

場内にて入浴できる温泉は、29日はガラガラだったのですが、30日は結構賑わっていました

冬のキャンプは暖房も必須ですが、それに合わせて加湿器は絶対に持参しないと、すぐに喉がやられてしまいます

因みに土鍋と卓上コンロ、食用油を忘れて来てしまいましたが、いずれも管理等にて購入でき、至れり尽くせりのキャンプ場で、人気の高さが伺えました

Img_7034_custom
Img_7032_custom
Img_7036_custom_2
Img_7037_custom
Img_7035_custom
Img_7017_custom
Img_7013_custom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

年末キャンプ なう




フォレストパークあだたらに、年末キャンプに来ています

本当は年越しキャンプの予定でしたが、諸派の事情で2泊3日の年末のみに変更です

暖炉のあるコテージに宿泊しており、昼はスキー場に向かっています

寒波の影響で雪も多く、スタットレスに金属チェーンの出で立ちで、スキー場に向かっております

綺麗なコテージで、大変満足出来るお宿です








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

テントクリーニング

②・・・テントクリーニングにテントを発送しました

.
.
.
発送先は『テントクリーニング.COM』さん

当家のテントはワイドスクリーン2ルームハウス

2010の春に購入しました

71p4yugfukl_sx492_
汚れもそうですが、防水が劣化し始めて困っていました

そこで今回Webで見つけたテントクリーニング.COMさんにお願いをすることにしたのです

外側のフライシートだけですがWebでの価格表を見ると・・・

基本洗濯12000円 + 防水加工6000円

むむむ、ちょっと高いかも

でもまぁ、往復の送料(往復4000円位)がタダだからいいかな

今日、元箱に入れセブンイレブンで発送してきましたので、2週間後のご帰宅予定となっています


追記)

先日テントがご帰宅しました


シームテープが剥がれかかっております』とのコメントがありましたが、経年劣化として仕方が無いのでそのままクリーニングをお願いしました

Img_4986

もうリペアが出来ない状態でしょうから、次回以降に使用した折にトラブルが発生したら、買い替えになるでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

ツインリンクもてぎ ロードコースコースサイドキャンプステイ駐車券 Gエリア

Img_4085 Img_4273 Img_4276 Img_4274 Img_4275 Img_4285 Img_4287 Img_4277 Img_4278 Img_4327 Img_4332 Img_4324

自宅を朝4時に出れば、常磐道 水戸北スマート下車後余裕で6時には到着出来る

水戸北スマート降りてR123号線をひたすら真っすぐ(ところが途中に新しいバイパスを作っているらしく、カーナビが超混乱) ツインリンクもてぎ北ゲート

水戸北スマート降りてスタンド セブンイレブン ファミマあり

北ゲートはイベント時の初日は7時にゲートオープンするが、1時間前に到着すると余裕

北ゲートオープン後入場し、道なりに進み右のN4・Pをすぎたら、N5・P方面に左折するとキャンプサイト方面に行ける

今回はGエリアだったが、速攻で売り切れたFエリアはやはりロケーションもよく、シャトルバスストップも近くにあって超おすすめエリア

やはり二人乗りスクーターがあると国内選手権はバイク駐車場が無料なので最強だとわかった

なぜならセンター近くのバイク用駐車場に無料で止められるので、フットワーク良く場内を移動できるから

自分の駐車場エリアに鹿の糞が大量にお出迎え

砕石がエリア内に敷き詰めてあるのでホウキで糞が掃けない、そこでゴム手袋をして手で拾って捨てた

砕石が大きいのでテントで寝る場合、我が家はエアーインデフレーターマットを使用したけどコットでも良いと思う、銀マットは痛くて無理なんじゃないかな

ペグダウンするのはかなり厳しいし、サイトエリアが狭いので、ロープを張る丁度よい角度が保てない

サイトには綺麗目の和式トイレが点在はしているが、設置数は少なく手洗い水は飲水不可

洗い場シンクがこのエリアには無い

ゴミ置き場は燃える・燃えない・缶・ペットボトルなど分別されてしっかり管理されている

お風呂は当家は行きの道R123号線を戻って御前山おんせん四季彩館 ¥500に入湯

夜テント内で寝ていると頭上に場内道路があるので、夜到着組の往来が結構ありウルサイし怖い

蚊は多少いるけど、虫はほとんど居ない

翌日朝6時に観戦券を見せて下さいとオフィシャルが各テントを周って来てビックリ(寝ていたのでチャックを少し開け、手だけ出して確認して貰った)

Webサイトで情報の少ないツインリンクもてぎ ロードコースコースサイドキャンプステイの情報を備忘録を兼ねて書きました

ここでのキャンプは高規格キャンプ場の設備とかけ離れています、中級キャンパー以上じゃないと厳しいと思います

観戦場所としてエリアを購入する人が多く、実際にキャンプ設営する人は少な目でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

レース観戦

N5駐車場から無料シャトルバスで中央エントランスへ行きます

Img_4290

上空にはメガジップラインを楽しんでいる人がいます W

Img_4292

ピットに入場します

Img_4293 Img_4294 Img_4296 Img_4299 Img_4300 Img_4301 Img_4302 Img_4303
Img_4304 Img_4305 Img_4306 Img_4307 Img_4309 Img_4311

ピットウォークは予選の土曜日のほうが空いているし、選手たちの緊張感も決勝とは違いますので狙い目のような気がします

A席の山本尚貴選手専用応援シート

Img_4313

場内放送のFMをカナルイヤフォンで聞くのがGood!

耳栓代わりにもなるしね

Img_4317

予選Q1開始5分でこの雨

最初の5分間のセミウェット状態でソフトコンパウンドタイヤでタイムアタックしたチームが、作戦勝ちの決勝フロントロー独占でした

Img_4324
Img_4260

レースは絶対にプログラムを買った方が楽しめますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

Enjoy Honda をエンジョイしちゃいました

まずココは一番に押さえました!

なりきり!MotoGPライダー

Img_4271

HONDA RC213V ゼッケン93 マルク・マルケス選手が実際にコーナリングしている角度 約60度が再現され、カメラ撮影できます

かなりGがかかる角度です

自分がもしここまで倒すとしたら、未体験な車速と強烈なグリップが無いと無理です

恐ろしくて実車で試したいとも思いません・・・

特設ステージのトークショーでは本山哲選手が!

Img_4319

企業ブースの一つ モンスターエナジー ではサンプルの配布をしていました

Img_4272

そして中央エントランスへ行き 山本尚貴選手の特典グッズを引き換えてきました

Img_4339

通常観戦券は5000円します

しかし+500円の5500円で特別ファンシートに変更できます

ファンシートにはHONDA、TOYOTA GAZOO Racing、ヤマハ、スズキ、カワサキがあり、その他に地元栃木のレーサー山本尚貴選手応援シートがあります

正直お初にお目に掛かりましたが、精一杯山本選手を応援してきましたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Enjoy Honda 2017 ツインリンクもてぎ に行ってきました 8/19~20

Imgmainlogo_3

Enhoy Hondaとは、Hondaの二輪・四輪を通して、「見て、遊んで、体感する」ことを目的としたファンへの感謝イベントです

それに今年はツインリンクもてぎ創立20周年ということもあり、同日に 全日本スーパーフォーミュラ  全日本ロードレース選手権1000ccクラス の決勝を、初の同時開催をするという大盤振る舞いなイベントデーでした

実はわたし、初めての本格的なサーキット観戦なんです

基本もてぎサーキットでレースを観るには、駐車券観戦券が必要とのこと

それに色々なオプション、例えばパドックパスやグリッドウォーク等があります

今回駐車券は ロードコースコースサイドキャンプステイ駐車券 

観戦券は 山本尚貴選手応援シート を購入しました

パドックパスは両日とも朝から中央エントランスチケットセンターで4000枚無料で配布されました

場内の駐車場からイベント会場及びサーキットスタンドがある中央エントランスに行くには、無料の場内バスが走っています

色々初めて尽くしで、中々準備が戸惑いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧