カテゴリー「Lead125 リード125」の42件の記事

2017年9月 1日 (金)

Lead125 オイル交換

ODが3万kmを越えた頃から、なんかメーター内に違和感がありました

30300kmを過ぎた頃、信号待ちでよくよくメーター内を凝視したら、オイル交換の警告が表示されていました

最近とくに注意力が低下しているな・・・

で、オイル交換をしました

交換したオイルは、先日モテギサーキットのピットウォークで、企業ブースで頂いたオイルです

Img_4394_custom

Img_4395_custom

NBSジャパン バイク専用 ウルトラプレミアム4サイクルエンジンオイル 1リットル 化学合成油 10W-40 販売価格 698円

だそうです

HPの商品画像を見ると、何とペコ缶です

逆に好感がもてる会社です W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

Lead125 プラグ交換

久々にプラグ交換しました

理由は何となく・・・ です

27800km走行での交換

前回は約3年前に交換したのでちょっとサボり気味でしょうか

Img_3499_custom

Img_3501_custom

なんて事でしょう!

電極ってこんなに丸まっちゃうのですね

消耗品ですが、ここまで視覚的に差があると交換しがいがあるってもんです

そして交換後のインプレッションは、 『なんかワカランけど、走りの調子が良くなった』 です

次は4万㌔で交換かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

【悲報】 リード125 リアタイヤ交換するも、見事転倒・・・

リアタイヤをいつものD307 に交換しました

交換は昨日の夜に終わり翌日の今朝、いつもの調子で自宅からすぐの交差点を右折、軽快に減速しブレーキを残しながらバンクと同時に加速を・・・・

記憶がありません・・・

頭から落ちたようです

リアから滑った記憶と頭を打った記憶、それと通りがかりの男性の声

「大丈夫ですか?」

何故か人間は事故が起きた直後って、事故直前の行動を本能的に遂行しようとしちゃうのです

お礼もそこそこに、全然大丈夫~~って感じで走り出しちゃいましたが、後から思い出すと男性の方、本当にありがとうございました

ろくなお礼もせず、大変な非礼をしてしまい申し訳ありませんでした

職場に着くも断片的な記憶の欠如と偏頭痛が続いたので、午前のAngio業務後にIVR-CT装置で、頭部CT SCANをして貰いましたが、特に出血はみられませんでした よかった・・・

ただ夜になって首がひどい筋肉痛です

新しいタイヤって危ないっスよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

リード125 フロントブレーキの引きずりトラブル

前回からディスクパッドの片減りを含め、燃費の低下もありました

原因が分かりました!

Aku

ブレーキパッドを抑えている銅製のバックプレートが悪さをしていました

これを外して走ると超快適に戻ります

ブレーキの引きずりで困ったらコレを疑ってください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リード125 フロントホイール ベアリング 圧入 & ブレーキOH

ホイールベアリングとキャリパーピストンのシール類が届きました

Img_3167_custom

ちなみにブレーキOHのパーツ代は、ピストンシール3種とスライドブッシュ2種で2400円くらいでした

ベアリングは250円が2個

Img_3163_custom

キャリパーはお湯に溶かした中性洗剤に毛ブラシでゴシゴシ

ピストンは錆が少ないので今回はピカールで磨いただけ

スライドピンはメンドクサイのでドリルのチャックに咥えて高速回転で磨きました

用意するのはベアリングレースとハンマー

Img_3168_custom

しかしベアリングが小さ過ぎて合うレースがありません

Img_3169_custom

そこで適当なサイズのインパクトレンチのソケットをあてがいました

Img_3170_custom

初めはプラハンや軽めのハンマーで慎重に平行に叩き入れます

ココが最重要です

ここでラフに叩いてベアリングを斜めに入れてしまうと、後半でズレが大きくなり失敗します

ある程度入ったら後半は大胆に叩いていきましょう

ちなみにベアリングはブレーキディスク側から打ち込むのがセオリーらしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

リード125 Lead125 JF45 フロント廻りオーバーホール

昨年のオーバーホールから一年弱、アクセル全開からのフルブレーキングでフロントがホッピングし始め、挙動が安定しなくなってきたのでフロントフォークのオイル交換のみをおこなうつもりでフロントをバラしてみましたが・・・

Img_3134_custom

ところがブレーキディスクは酷い波打ち、交換したばかりのブレーキパッドは対側後ろ側のみ片減りしている始末

そしてホイールベアリングもゴロゴロ音は無いものの、回転抵抗が発生し始めていました

面倒だけど折角なので全部メンテしましょう

フォークオイル交換

トップキャップを外しバネを抜き、灯油で何回か洗いました

何故か右側だけえらく汚れていました ???

Img_3136_custom



.

Img_3141_custom

フォークオイルはいつものKAWASAKI純正G15

コストパフォーマンスが良いオイルなんですよ

左右90cc入れました

Img_3142_custom

.
.

ブレーキディスク交換

Img_3132_custom


ディスクは純正ではなく、台湾製のARASHIです

このメーカーのディスクは安いのですが、ジムカーナ車両のスパーダでも使用しており、特に問題ないので再購入しました

.
.
フロントホイールベアリング交換

新品のベアリングは現在モノタロウで発注中ですので、抜き取りだけ先に行なっておきました

純正ベアリング(接触型片側ゴムシール) → 6201DU

注文ベアリング(接触型両側ゴムシール) → NTN製6201LLU と NSK製6201DDU の組み合わせで購入装着予定

Img_3143_custom


各シール型式の違いと特長(非接触型/接触型ゴムシールの違い) 

.
Img_3157

Img_3158

Img_3160

念のためホイールの面からベアリングまでの距離をメモっておきました

Img_3159


続きは後日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

Lead125 駆動系のオーバーホール

走行距離2万4千キロを越えた通勤マシンLead125

始動時のアイドリングにて、エンジン部からシャンシャンとノイズが発生し始めていました

また最高速度もかなり落ちていました

ヤフオクでタイミングよく、走行距離千キロ未満のノーマル駆動系ASSYを発見!

さっそくポチりました

物は兄弟車種であるPCX初期型

エンジンが共通だから多分大丈夫だろうと購入しましたが、結果は互換性ありでラッキ~!

まずはSSTを用意します
Img_2653_custom

今回交換予定の品々

プラグ以外交換できました
Img_2610_custom

まずはサイドカウルを外しエンジンカバーを外しますが、ボルトが各種あるのでこの様にダンボールに同じレイアウトで挿しておくと捗ります
Img_2613_custom

エンジンカバーは無理に開けずに、プラハンで全周叩いていると綺麗に外れます
Img_2614_custom

プーリー側から外します
Img_2616_custom

裏のランプレートが外れると、ウェイトローラーがバラバラに落っこちるので注意しましょう
Img_2617_custom

Img_2618_custom

思ったより片減りしていないウェイトローラー
Img_2619_custom

ウェイトローラーには向きがあります
Img_2620_custom

重量を測ると19gでした
Img_2622_custom

新品ウェイトローラーも当然19g
Img_2623_custom

指でうっすら段付きは分かりますが、まだまだ使用可能っぽいプーリーフェイスImg_2630_custom

ですが、購入した程度良の中古プーリーに交換します

クラッチカバーを外すと凄い量の粉が堆積していました
Img_2631_custom

クラッチシューの残りが予想より少ないです

コレは予想外でした
Img_2634_custom

新品のベルトとの対比

表面は汚れ以外変わり映えしませんが・・・
Img_2637_custom

新旧比べると、コレには唖然となりました

こんな細くなったら、そりゃ最高速度も落ちる訳だ
Img_2641_custom

ケース内を綺麗にしてグリスアップ

グリスは車のドライブシャフトブーツ交換時に余ったグリスを使いました
Img_2643_custom

トルクカムとクラッチはスプリングで固定されているので、この様にSSTを使うと楽に作業ができます
Img_2644_custom

エアフィルターも交換

汚ねぇー!
Img_2646_custom

最後はこの様にクラッチ側を広げ、ドライブベルトを落とし込み、プーリー側に余裕を作ってあげます

そうする事により、プーリーの締め付けが上手くいきます
Img_2648_custom

最後にエンジンオイルも交換しました
Img_2660_custom

効果は歴然で、違うバイクに乗り換えた様な調子の良さです

後は不具合が発生しないことを祈るだけかな?


.
.
.
.
おまけ

先日新品に交換したばかりのブレーキパッドも再度交換しました

SBSブレーキパッドに交換し200km走ったのですが、あまりにも効かなく危険なパッドでした

ヤフオクの無名激安パッド以来の不作品だと思います

前回非常にフィーリングの良かったベスラのパッドを購入し交換

Img_2658_custom

Img_2659_custom

ブランド品で、ここまで酷いのはそうそう無いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

Lead125 リアタイヤ交換

2年前にSSTRのために交換した前後タイヤ

リアタイヤだけがやたらめったら減る

Img_0142_large

今回の交換でフロントとリア 1:4 の割合となってしまった

Img_0143_large

案の定リムが落とせなくてギブアップ・・・

ほんとタイヤ交換って苦手だな (TOT)

Img_0141_large

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

Lead125 サスペンション オーバーホール JF45

ストレートでアクセル全開の後にフルブレーキングして交差点を曲がりますよね?

そのブレーキング時にフロントサスが 「ダッ・ダッ・ダツッ」 ってホッピングし始めちゃったんですよ最近

これじゃぁ危ないっす

なのでODOメーターも約2万キロとなった今、フロントサスとリアサスのオーバーホールをすることにしました

フロントサスはゴム系・スライド系の全交換を含めたオイル交換

リアサスは分解不可能なので社外のサスペンションと入れ替えです

ジャッキを噛ませ、ブレーキキャリパ・ブレーキライン・フェンダーを外し、フロントホイールを外します

004_large

トリプルツリー下端に左右2本のボルトでフォークは固定されています

噂通り、純正パーツの締め付けトルクが凄く固いです

インナーフォーク上端に錆が発生していますが、摺動部では無いところですので、3Mのスコッチブライトで擦って綺麗にしました

008_large

以前のリード100 JF06 でもそうでしたが、インナーフォークのトップが、キャップ方式のため、少々コツが必要です

009_large

隙間に潤滑剤を入れた後、上部のキャップの凹みをでっかいマイナスドライバーで押し下げ、内側に出現するCクリップを外します

ここでのコツは、ただ力で上からキャップを押し下げるのではなく、押し下げると同時に

インナーチューブを上に引き上げる のがコツです

※体重を乗っけてキャップを押し下げると、サスペンション自体がストロークしちゃいます

012_large

そして通常のストラットサスと同様に、T字のSSTレンチを使い、底部の固定ボルトを外します

015_large

014_large

ここで通常のサスと違う構造に驚きました

016_large

普通、底部の固定ボルトを外すと、インナーチューブとアウターチューブが分解できます

インナーチューブをアウターチューブから抜く時に、インナーチューブにあるスライドメタルが引っ掛かりとなり、フォークシールがインナーチューブと共に抜けます

ところが、このバイクはインナーチューブ外側に有るはずのスライドメタルが無く、 スポッ とインナーチューブだけが抜けちゃいました(上画像)

その代わり内部にプラスチック製のスライドピストンリングがあり、それが摩擦抵抗部となり、スライドメタルの代わりをしていました

アウターチューブに残されたオイルシールを抜くため、マイナスドライバーにレンチを噛まし、ネジリ方向でオイルシールをコジリ抜きました

017_large

純正のオイル規定値
GL-10
87cc
57mm

今回はGL-15 約90ccの55mmにしてみました 

.
.
.

リアサス交換です

フロントサスと違い簡単で、10分と掛からず終わりました

まずアンダーボルトを外します

019_large

シートごとヘルメットBOXを外します

サスのトップボルトを外します

そのとき一応ジャッキは噛ましましたが、フレームは全然重くないので必要ないです

018_large

キタコ(KITACO) リアショック W330  レッドスプリング
520-1425030
対応車種 : リード110 リード125
【AMAZON】 定価¥7,020  購入価格¥4,917 送込

020_large

最後、疲れちゃったのでインパクト使っちゃいました テヘペロ

022_large

直進時の路面追従性が下がった → リアサスが固くなった為

ブレーキが効くように感じる → フロントサスのボトムスピードが遅くなり、ブレーキの効きがリニアになった為

スタンドを擦らなくなった → コーナリング中のリアサスの沈み込みが少なくなった為

コーナモーメントに変化 → 今までと同じような速度・角度・ブレーキの引きずりで曲がってみると、弱アンダー気味になったと感じました → リアサスのボトムが減った分、フロントが逃げる(アンダー)ようになったのでしょう

こんかい全体的にリアサスの影響がかなり強く影響しているように思います

故に flairタイヤの限界を高めれば、もっとコーナリング速度が上げられるようになったってことでしょう heart04


まぁ、でも言っても通勤車両なんですけどね・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

リード125 フロントブレーキパット 臨終・・・

フロントブレーキがガリガリと煩かったのよね最近

今日確認したら・・・

Image002

あららぁ

ブレーキパッドが減りすぎて、ディスクブレーキにダメージが及んじゃってるよ

使用限界こえちゃったね

Image003

どうも日常使用の足バイクは整備が怠慢気味になってしまう

Image004

キャリパーを外したのも17000km走行した今回が初めてだしね

キャリパーピストンは3個とも手で押し返すことが出来たので、まだOHの必要はなさそう

純正ブレーキパッドが気に入っていたので、夕方にNapsに純正部品を注文をしに行ったら、なんと定価が4800円!!!

あまりにも高いので、Vesrah SD-180 レジンパッド 2800円 にしました

ベスラのパッドはロッキードのパッドなんかより全然いいッスよ

ちなみにPCX125と共通部品です

Sd180_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧