カテゴリー「Lead125 リード125」の64件の記事

2019年9月10日 (火)

Lead125 JF45 前カゴ設置とウィンカー移設

前カゴにウィンカーを移設しました

純正のウィンカーはフロントカウルに埋め込まれており、前カゴに荷物を入れると陰になって視認性が悪くなってしまうことが判明

急遽ウィンカーを移設しました

Img_00101-large 589538596502544-large Img_0012-large

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

Lead125 前カゴ

来週に迫った 「東北縦断北海道原付ツーリング」

「かさばる物」+「すぐ使いたい物」 = カッパや長靴

このお荷物達の収納場所に苦慮していました

積載的に前カゴがあると搭載に便利だなとは思っていました

職場の友人マンブーに相談したところ、「そんなの簡単ですよ」とのこと 

「じゃぁ、やって!」

となりますよね!? W

Lead125 JF45 には、スクーターには通常有るフロントマスクのネジ穴が無い

そこで内部のフレームを利用して、フロントマスクに穴を開けることを条件に、ステーをハンドメイドしてもらいました

135519 135520

素晴らしい出来です

今回もありがとうマンブー!

| | コメント (1)

2019年8月12日 (月)

Lead125 エアフィルター交換 43800km

まずサイドパネルを外します

Ba4b6574c3744eb581d6d37d6841505b
Img_8637-large Img_8638-large Img_8639-large Img_8641-large
交換終了

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

朝の通勤中にコケた話 Lead125

いつもの朝の通勤路、いつものようにリード125で走っていました

昨日行ったVベルトとウェイトローラーの交換が功を奏して、加速は今までと違いとても快調でした

また、交換したばかりのリヤタイヤは皮むきが終わった直後で、最高のグリップを感じていました

江戸川競艇を迂回するような左90度コーナー

数分前から所々路上にある液状のシミと強烈な異臭

その90度コーナーには、併走する形でイン側にHONDA NC750がおり、私はOUT側を走行しておりました

少々難しくなりますが、私は OUTーOUTーOUT のコーナリングラインを取ることにしました

なにせマシンは絶好調なのですから、この程度のコーナリングは余裕の筈です

多少の砂は浮いていたものの、十分なフロント加重とパーシャルなアクセル開度

しかし丁度走行ライン上に待ち構えていたように、異様な液体と白乳色のラード状のような物質が・・・

一瞬でフロントが滑り転倒していました

衣類にも付着したそれらの液体は、この真夏の高温も手伝って強烈な異臭を放ち始めました

これほどの精神的なダメージは、何年振りでしょうか・・・

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

リード125 駆動系OH 43708km

2011年11月以来の駆動系OH

http://shimoxray.cocolog-nifty.com/shimoxray/2016/11/lead125-d6ab.html


Img_8595-large 

右側に傾けると作業がしやすいです

Img_8564-large

ボルトはいつものように段ボールに順番どおりに刺しておきます

Img_8566-large

このセンターナットはマニュアルだと54N・mですが、使用している間に硬く締まっていくようです

Img_8570-large Img_8571-large

アウト側プーリー、段付きが発生していました

手持ちに新品が無いので、パーツショップ数店に確認しましたが、純正の在庫は無いそうです

しょうがないですが再利用しました

やはりアルミパーツは摩耗が早いですね

Img_8573-large

ベルトは変形していました

Img_8576-large

Vベルトは20000kmが交換目安だそうです

内側が目で見ても細くなっていました

私は基本的に駆動系は純正パーツ以外使用しないようにしています

Img_8580-large Img_8583-large

スライドピースも交換しました

これはアウト側のアルミ製プーリーと、内側の鉄製ランププレートの緩衝の役目、ホイールで言うとハブダンパーの役割があります

古いのは自然落下するほど緩々ですが、新品はプラハンで入れ込みました

Img_8588-large Img_8587-large

後半です

クラッチ側Vベルトをこのように縮め、タイラップで固定します

Img_8589-large Img_8590-large

すると前側のプーリに余裕が出来、プーリーのセンターナットを締める時に、しっかりと固定できます

最後はトルクレンチで前後とも固定しました

約5~6kgのトルクって、かなり緩いんですよね・・・

Img_8591-large Img_8594-large

テストするも特に問題なしを確認できたので終了としました

Img_8593-large

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

Lead125 オイル交換&リアタイヤ1:2&リアブレーキシュー交換  43537km

Img_8522

オイルはカストロール

Img_8523


 量は800ccでした

Img_8521 Img_8525

リアタイヤ、センターがつるつるになっちゃいました

Img_8537 Img_8536

いつもと同じD307

リムが外せず結局マンブーHELPで事なきを得ました

フロント1に対し、今回は2本目です

以前の経験から3本まで行けるはずです

Img_8539

ついに初めてリアブレーキシューを交換しました

4万3千km、初期のノーマルなかなか持ちましたね

Img_8540

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

Lead125

リード125にドライブレコーダーをつけています

まぁアクションカムのドライブモードを利用しているだけなんですけどね
61i5vymyqml_sl1001_ 61ahvkaukl_sl1001_

盗もうと思ったら簡単に盗られちゃいますけど、新品でもAMAZONで3000円位ですからそれ程価値は無いはず

ドライブモードとは、つないだUSBに電流が給電されると自動で録画がONになる機能
51hvr3jyfgl
12V→5Vコンバーター

しかしここのところ給電が安定せずに、走行中に電源のON OFFが数分おきに発生しちゃっていました

(ちなみにバッテリーは代えたばかり)

ヘッドライトが常時点灯なのでそこから電気を分岐していたのですが、それが安定していない感じです

そこで以前作った手作り5極リレーを使って、バッテリーから直で電気を引っ張ってきました

http://shimoxray.cocolog-nifty.com/shimoxray/2014/02/post-39ab.html

Sbsh0178
1586_sub2_l
結線後、走行していませんが多分大丈夫でしょう

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

Lead125 フロントブレーキパッド交換 43163km

ブレーキパッドを交換しました

約1.5分山程度残っていましたが、ちょっとしたハードブレーキですぐにフェードを起こすため、安全のため交換しました

前回の交換記録 ⇒ http://shimoxray.cocolog-nifty.com/shimoxray/2018/11/lead12539317km-.html

43163km-39317km = 3846km

3846km@Vesrah 

前回のVesrahは3600kmで交換したので、ほぼ同じサイクルの様です

今回は、

DAYTONA デイトナ 78153 ハイパーパッド(HYPER) 価格: ¥1,920

に交換しました

約2700km走った記録があるので、次回は 45863km 位で交換する筈です!?

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

リード125 Lead125 EX.スタッドボルト リコイル&フロント整復作業

先日の自爆転倒で、フロントのハンドルとタイヤが2~3°ズレてしまいました

それとマフラーフランジボルトがナメていた件もあります

今日は無理を言ってマンブーに手伝って頂き、それらを作業しました

フロント周りをドンガラに分解し、フロントフォークに長い棒を渡し、前後左右のアライメントを調整、それとステムヘッドのボルトを緩め、ハンドルの修正も行いました

Img_6918_custom

Img_6919_custom

次にフランジボルトですがナメているボルトは前回抜いたままです

ボルトを見せると、マンブーもこのフランジボルトは6mmより太いと言っていました

やはりインチボルトだったのかな?

使用するSSTは、モノタロウで買ったリコイルシステム6mm¥3570です

Mono0579980614091804_2
車体を横倒しにしてマフラーを取り、エンジンハンガーを外してスペースを作っての作業です

Img_6920_custom

Img_6921_custom

今後片方のボルトは、通常の6mmボルトを使用することになります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

コイルインサートキット M6-1.0

また余計な出費がありました
Mono0579980614091804
モノタロウで「コイルインサートキット M6-1.0」を発注しました

¥3890なのですが、本日15%オフ日だったので¥3300位です

pa.さんの指摘もあるように雌ねじの山潰れの修正用です

ってかメーカーがネジをかじっていたのかな???

マフラー取り付け時に私が馬鹿力でナットを締め付けたから?

キャップボルトだからそれは無いと思うんだけどな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧